山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」のおさむです。

 

 

お申し込みはコチラの画像をクリック

 

 

ご無沙汰いたしております。

本日はお待ちかねのおさむトピックの日ですよー。
前回は目標を達成できる人とできない人の違いについてお話ししました。
本日は目標設定前のマインドセット(心の準備)についてお話ししますねー。

みなさんは、『目標』と『目的』の違いについて考えたことはありますか?

一見一緒に見えるこの二つの言葉。
目標を掲げる前に『目標』と『目的』の本質について理解しておく必要があることを知る人は意外と少ないのではないでしょうか。
ここをしっかりとおさえるだけで、目標の達成度が変わってくるんです。

ではまず、『目標』という言葉をWeb辞書で調べてみましょう。
①そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。
②射撃・攻撃などの対象。まと。
③行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。
みたいなのがでてきます。
まさしく読んで字のごとし。
『目』に見える、『標』(しるべ)。
目印、まと という意味合いになりますので、明確に目に見えないと目標ではないということになります。

対して、『目的』はどうでしょう。
①実現しようとして目指す事柄。行動のねらい。めあて。
②倫理学で、理性ないし意思が、行為に先だって行為を想定し、方向づけるもの。
ってありますが②は倫理学・哲学的な文言だから無視しちゃいましょ。
てことで、目的とは、実現しようと目指している事柄。めあて。ってことになりますね。

簡単にまとめると、
『目標』 = 明確に見える目印、道しるべ
『目的』 = 実現しようとしていること、めあて
ということです。

もっとわかりやすい例で説明しましょう。

≪もっとわかりやすい例は次ページ!!≫

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします