「可哀想」は時に人を傷つける』で
新聞に掲載された内容にとても共感したので
紹介します。

その内容は、ある投稿者にツイートされ
ネットで拡散されました。

それがこちらです。

「可哀想」は時に人を傷つける

【記事全文】

「可哀想」は時に人を傷つける

足をけがした6歳の息子が
「僕、がんばって幼稚園まで歩くよ」
と言った。

片足を引きずりながらゆっくりと歩く息子に
付き添っていたら、

通りすがりのご婦人たちから
「あんな足で歩かせて可哀想に
という会話が聞こえてきた。

息子に妹ができ、おむつを買いに行った。

「僕が持つよ。お兄ちゃんだから」
と頼もしいことを言ってくれた。

任せたら
「あんな小さな子どもに荷物を持たせて。可哀想に
と他人から非難された。

息子の頑張りが「可哀想に
という一言で全否定された気がした。

可哀想に」という人は、
自分が優しい人間だと思っているのかもしれない。

しかし、この言葉は浅はかで無責任で、
時に人を傷つけ、何も生み出さない。

そのことを知ってほしい。

この投稿に関するコメント


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

言葉って時には無意識のうちに
人を傷つけていることもあります。

その言葉を発した人も、
人を傷つけたことに気付いていない
ってこともありますよね。

言葉は安易に発するのではなく、
相手の気持ちを考えて発することが
大事だと思いました。

とっても共感です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします