KAWASHIN

ジャイアンツ尾花1軍コーチの語る一流と二流の違いを分ける育成力の極意とは・・・

更新日:

今日もブログ閲覧ありがとうございます。

毎週火曜日登場の大内本部校担当の野上です。

18日の日曜日は、塾長からお誘いを受けて、講演会に参加させていただきました!

講師は、尾花高夫さん。読売ジャイアンツの一軍投手コーチです!

尾花コーチの予備知識はコチラで(wiki)

今日のテーマは、『一流と二流の違いを分ける育成力の極意』です。

育成とは、立派に育て上げること。

育成の関係というのは、親と子であったり、上司と部下、先生と生徒… たくさんありますよね。

おそらく、このブログをご覧の方は、育成する側の方が多いのでははないでしょうか?

今日の公演は、選択理論心理学 を元に、一流を育てよう!の極意でした。

その中のひとつが、人間関係を構築するための大切な7項目です。

以下の7項目、みなさんは日頃どちらの行動をとられているでしょうか?

   人間関係の破壊  ―  人間関係の構築
(1)   批判          傾聴
(2)   責める         支援
(3)   文句          励ます
(4)  ガミガミ言う        尊敬
(5)   脅す          信頼
(6)   罰する          受容
(7)  褒美で釣る    意見の違いについて交渉

『相手を変えようとするのではなく、相手が変わりたいと思うように』接する!

そうなると、自分の言動の1つ1つがとても重要になります。

また、 仕事の質 = 素質 × 考え方 × 行動 によって決まります。

素質はもともと本人の持っているものになるが、『考え方』と『行動』は今からでも変えることができます。

この『考え方』と『行動』をしっかりと育成できるかが、

その人が一流になるか二流になるかの分かれ目になるそうです。

日常のいろんな場面を振り返りながら、今日の公演を聞きました。

理解することはできても、実際に行うのはなかなか難しいことです。

指導する側はどっしりと構えて、しっかりと話を聞いてあげて、本人への期待を伝えてあげることが何より重要ですね。

塾長は、大好きなジャイアンツのコーチに会えてご満悦(^o^)でした…!

-KAWASHIN

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.