KAWASHIN イベント 経営者の視点

KAWASHINグループ魂の社員研修、個人のゴールと組織のゴール。

更新日:

山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」塾長の野上です。

11月3日、山口市のど真ん中にある白石校で

「KAWASHIN魂の社員研修」

を行いました。

 

今回は、他県の学習塾の先生も参戦。都道府県魅力度ランキング46位の徳島県にある個別指導塾 「2nd Home」 さんから伊藤先生、櫻井先生、鈴鹿先生の3名にご参加いただきました。

「2nd Home」さんのHPはコチラ 

https://www.2ndhome-llac.com/

「2nd Home」の塾長 伊藤飛鳥くんは、元かわしんの講師。当時から生徒・スタッフに慕われるB型人気講師。大学を卒業後に徳島で経験を積み、今年の2月に徳島県の川内と藍住に個別指導塾「2nd Home」を作りました。そんな新進気鋭の若手たちへの応援も込めて「一緒に学ぼうではないか」とお誘いし、遠路はるばる徳島県から来てくれることになりました。

 

さて、そんな今年の研修の様子です。

 

まずは序章「研修の目的」から。

成果とは研修の場にあるものではなく、これからの自分自身の計画・行動によって生まれるものです。研修とはスキルアップのためではなく「お客様へのサービス向上・商品開発」のために行うことと定義し、お客様そしてスタッフの将来的な幸福の実現を叶えるものだと伝えました。そのために、研修後の人としての成長が最も重要であり、その体制をより強化していくことを話しました。

普段は話すことが多い私たちなんで、きっと人の話を聞くのは苦手(笑)

それでも終始、まなざしは真っ直ぐ前、脳内は具現化したい未来に向いて取り組んでくれていました。

 

そして、第1部「目標の検証発表会」。ここでの主役は社員。約1年前に立てた目標の結果発表会を行いました。

1年前に自分自身で考え、立てた目標。

今回の目標を達成できたのは、大内本部校の校舎長 奥村先生と 個別部門の責任者 中本先生の2人。

ともに29歳。彼らの喜びの表情は最高でした。会場からは惜しみのない拍手。そんな彼らを見たベテラン社員たちにも刺激となり、闘争心にも火が付いたはずです。

 

第2部ではマーケティングの基本をおさらいし、各校舎のSWOT分析を実施しました。

自社・自校舎の ① 強み(Strength)② 弱み(Weakness)③ 機会(Opportunity)④ 脅威(Threat)を分析し、今後の戦略を考える材料としました。写真はみんなで自分の校舎のSWOT分析中。強みと考えていることでも見方によってはひとつの弱み。S×O こそ攻の戦略、W×T は守の戦略。スタバ日本上陸時のSWOTを自塾の戦略の参考にしてみました。

そして発表!!

 

第3部では次の目標設計と発表を行う予定でしたが、さまざまな発表に熱が入りすぎてしまい、まさかのタイムアップ(涙)

予定していた時間になってしまったので、ワークで実施予定だった内容は宿題に。後日作成したものを発表することにしました。どんな目標、どんな自己成長プランを考えてきてくれるか楽しみです。

毎日子どもたちに ”頑張れ” と言う私たちこそ、目標に向かって努力し続けていなければ生徒に顔向けできません。まだまだ足りないところもたくさんありますが、お客様に素晴らしいサービスを提供できる塾を目指し続ける姿勢は常に持っていこう!と共有できた研修でした。

 

この日は朝から全国統一小学生テストの運営と研修と、1日中頑張ってくれたので、夜はみんなでしゃぶしゃぶ120分一本勝負。

この日は長い一日でしたね、ごくろうさまでした!!

 

 

KAWASHIN研修のおかわりが欲しい方、去年の社員研修の様子もぜひご覧くださいね!

去年も研修後のみんなの笑顔はサイコーでしたよ!

KAWASHINグループ社員研修!最高の組織を目指し、これからも頑張ります!!

 

-KAWASHIN, イベント, 経営者の視点

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2021 All Rights Reserved.