少年野球のスタメンに一度も選ばれなかった息子。「頑張ればきっと、夢はかなう」そう信じていたのに・・・

ある家族の物語を紹介します。

翔太くんは、「頑張ればきっと、夢はかなう」

そう信じて、少年野球でひたむきに頑張っています。

しかし、現実は残酷で一度もスタメンに選ばれることはありませんでした。
 
夢の大切さを教えたのはお父さん、お母さん。

でも、その家族の期待が翔太くんにとってプレッシャーになっているのではないか?

「もう、やめさせたほうがいいのではないか・・・

そんなことを考えてしまうお父さん、お母さん。

そして、小学校生活最後の試合。

この日もスタメンに選ばれることはありませんでした。

彼は何を思い、そして両親に何を伝えるのか? 

それを知ったとき、涙があふれてきました。

詳しくは動画をご覧ください。

 
 
知らないうちに、成長していた息子。

ときに、親が子どもから教えられることもある。

どんな困難でも、家族一緒だったらきっと立ち向かえる。

私たちに勇気を、そして夢の大切さを教えてくれるストーリーです。

「夢を見つけ、夢を育む。」

その過程に大事なことっていっぱいありますよね。

子ども達に夢の大切さを大人がいっぱい語りましょう!!!

出典元:youtube.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です