子育て

”心が弱い”子どもになってしまうやってはいけない「3つの事」とは...

更新日:

親なら誰でも子どもには
強く逞しく育ってほしいものですよね。

大きくなってくると
段々とその子の個性・性格や性質が
見えてくるものです。

「すぐに諦めてしまう」

「少しきつく言われただけでメソメソする」

「小さな事にビクビクする」

「すぐにキレる」

「友達に言い返せない」

などなど拾い出せば
キリがない程に...

親は必死に子育てをする傍ら
心配になってしまいますよね。

人格の形成の土台は
3歳までに作られるそうです。

だとしたら、
ママやパパの子育て同居なら
祖父母の子供と向き合う指導が

今後のお子様の性格を大きく変えてしまう
可能性も充分にあるのです。

今回は、
心が弱い子が育ってしまう親の言動について」
を調べてみました。

過保護すぎる

子どもは無条件に可愛いです。

可愛くて可愛くてついつい
自分で出来る年齢に達しているにも
拘わらず手を出し口を出し...

子どももそういうものだと思い
育っていってしまいます。

いざ親のいない環境に放り込まれたときには
自分でやり通す力が弱く大人の言葉を
待っているような傾向になります。

いわゆる、指示待ち人間です。

近年1人っ子家庭が多いですが、
時間的余裕、精神的余裕があるので
ついつい小言から溺愛っぷりまで
口出し手を出しになってしまいます。

すると、自分で何も出来ない子に育ち、
集団環境に入っていくときに
無意識にまわりの子と自分を比較してしまい
自信をなくしてしまうのです。

幼稚園に入る前までにたくさん
「自分で出来た!」を体験させてあげましょう。

自信をつけてあげる訓練が少なかった

上にも少し触れましたが、
自信を持てないでいると
話す声も小さかったりモジモジしたり、
態度や言動に現れてしまいます。

まだ家庭でママと子どもだけでいるときに、
どれだけ成功体験をつけてあげたかで
心の弱さが多少違ってくると思います。

例えば「靴下を履ける子」と
「履けない子」隣り合わせにしたら、
履ける子の方が堂々としていられるでしょう。

ブランコの乗り方1つそうですし、
挨拶が出来る事1つとってもそうです。

何も教わってこなかった子は
引け目を感じてしまいやすいでしょう。

親が強すぎる言動や態度を見ると小心者に

親が強い言動や態度を見て育つと
大きい声やとんがった目にビクビクしてしまい、
小心者になってしまう事があります。

笑顔もあまりないようなママやパパだと
常に顔色を見て自分が生きていく為の術を
身に付けてしまうことも。

また、悩み事があったとしても
言ったら怒られてしまうと思うと言えない等、
子どもは子どもなりに言えない環境に
置かれているのかもしれません。

心が弱い子になってほしくないなら、
親の言動や態度に日々気を付けて
接していきましょう。

なにか言いかけているときは横槍を入れず
最後まで話を聞いてあげて
ちゃんと目を見て聞き手に徹しましょう。

嫌な事があった場合は叱咤するのではなく
共感してあげて「いつでも味方だよ」
という姿勢を持ちましょう。

子育ての難しいところは
過保護過ぎてもいけないし、
放置し過ぎてもいけない、
絶妙なバランスを持って臨むところですね。

子どもがなにか話しかけてきたら
誠意を持って聞いてあげる。

まずはこれだけで安心が芽生え
強い心をもった子どもに成長してくれると思いますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の子育てを振り返ると
3つすべてがあてはまり反省しました。

子育ては親の勉強。

子どもの成長は親の通信簿だと思います。

子どもに対して感じる「なんで?」
を作ったのは親と親の与えた環境ですから...

出典元:iinee-news.com

-子育て
-

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2019 All Rights Reserved.