ストレスを感じているのに、それを
無視しようとしたり、ストレスがない
フリをするのが一番危険です。

ストレスが溜まっているかどうかを
見分ける方法の一つは、起きた直後に
覚えている夢を解釈する。

これは、「Elite Daily」のライター
のJulia Guerraさんが主張しています。

夢は、寝ていた間、脳内で再生された
想像力の塊を全く思い出せない朝も
あれば、冷や汗をかくような悪夢を
見てしまうこともあります。

悪いことをすぐに忘れることができる
タイプや細かい点にこだわらない人は
「たかが夢」だと忘れることができる
でしょう。

確かに夢は架空の世界のものです。

でも、
自分の感情をもとに作り上げられて
いることは間違いありません。

だって、私たちの脳は夢を使って現実
で起きた出来事を処理し、恐怖を
感じるものやストレスと戦っているの
ですから・・・。

それでは、
夢は私たちに何を提示しようと
しているのでしょう?

Jeffrey Rubin博士によると、

夢は「恐怖をそそるもの、もしくは刺激を受けるもの」であり、

「生きていく上で立ち向かう様々な問題を生き抜く方法」
なのだそうです。

人によって悩みはそれぞれだけど、
ストレスを感じたときに見る夢は、
同じような傾向があるそうです。

そこで、ストレスを暗示する
代表的な夢を5つ紹介します。

歯が抜ける夢

歯が抜ける夢は多くの人が経験した
ことがあると思います。

ポロポロと一つずつ抜けるケースや、
ゴソッと全部抜けるケースも・・・。

「True Stress Management」に
よれば、歯は権力の象徴でもあるそう
です。

つまり、夢の中で歯が抜けた場合
ある問題に対してコントロールを
失っていることを表しているそうです。

車が暴走する夢

運転席にいるのに、運転の仕方が全く
思い出せない夢や、

真っ直ぐ走れないドライバーが暴走
させる車の助手席に座っている夢も
このケースだそうです。

乗っている車の運転速度やあなたの
運転への取り組み方は、あなたの人生
への取り組み方を表しています。

つまり、潜在意識は夢でハンドルを
人生にたとえ、

「コントロールを握って突き進め」

とあなたに暗示しているのです。

向かう先が”成功を掴むこと”なのか、
“日々の出来事に責任を持つこと”
なのかは、

人によりけりなので自分の人生に
当てはめて解釈しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします