KAWASHIN アイデア

先日のつまようじの問題を文系が解いてみた

投稿日:

山口市・宇部市の学習塾
かわしま進学塾の鮎川です!

今回は・・・

まず見ていただきたいのは

↓この記事↓

『つまようじ』を2本だけ動かして思いつく限り1番大きい数を作ってください


※必ずこちらのブログに
戻ってきて下さ~い!笑

なるほどなるほど・・・。
こりゃ正直想像つきませんでした!

めっちゃでかい数できるんだね!でも・・・

なんて読むんでしょうね。
8115の11乗なんて数は。笑

調べてみましたが、なんかよくわかりません!笑
まさに、不可思議!(10の60乗)

一、十、百、千、万、十万、・・・・・一不可思議、十不可思議

・・・なんか面白いですね笑
ちなみにその次はあの有名な
『無量大数(10の64乗)』です。

まあ、現実に不可思議なんて単位をよく使うのは
本当に不可思議な職種なのかもしれませんね笑

YouTubeの再生数でも不可思議なんて・・・
はい。もう不可思議の話はやめます笑

しかし、文系の僕には中々思いつかないもので
本当に理系は頭の柔らかさがいるなあと
つくづく感じさせられるブログでした。

でも、
今回は一つ、「これはどうですか?」。

俺なら一本でその数を越えて見せる!!!照笑

とタイトルで書いてみましたが、
ルールは『必ず2本使うこと』とあるので
使いましょう!

さて本題ですが、
僕なら一本動かすだけで
「8115の11乗」を越えられます。

爪楊枝を持って砂場に行きましょう
右手に爪楊枝を持ちましょう
左手にも爪楊枝を持ちましょう
接するように円を描きましょう

はい、できました。

あなたは理系脳?文系脳?

注)今からの話はよくある
文系は理系が嫌い
理系は文系が嫌い
というレベルの話ではありません笑

文系は『そもそも』を考えて答えのない問題を考えるのが得意です。
理系は与えられた問題を解決し、答えを導き出すのが得意です。

もう少し別の表現にすると
文系は「もの」に価値をつける仕事
理系は「もの」に価値をつける仕事
あれ。一緒ですね笑

文系は「もの」に価値をつける仕事
というのは、人々の価値観を変えるという意味です。
つまり、人々の考えを革新します。

理系は「もの」に価値をつける仕事
というのは、文系が根付かせた価値観に沿ったものを
作るという意味です。
つまり、技術革新です。

どちらもバランスよく、鍛えていく必要が
あるんですね。

大学進学をめざすほとんどの高校では
高校1年生の中盤辺りになると
「文理選択」の時期が来ます。

文理を選択するというのはその後の
大学進学や高校生活に大きな影響を与えます。

もっと言えば、その後の人生にも大きな影響があります。

なので、究極の選択ですが、どちらが良いかというより、

『自分の夢は〇〇で、それを達成する手段として

文系or理系に行こう!』という選択の仕方がいいかもしれませんね!

進路を選択する際に参考にしていただけると幸いです。

かわしま進学塾『宇部校専用』のLINE公式アカウントお問い合わせも可能ですよ!

KAWASHINの新着ニュースやお得な情報を配信予定です。

未登録の方は、ぜひご登録くださいm(*^▽^*)m
Add Friend

-KAWASHIN, アイデア

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2019 All Rights Reserved.