KAWASHIN 勉強法

大阪桐蔭・根尾昂くんの『文武両道』がスゴすぎると話題に

投稿日:

こんにちは!!山口市・宇部市の学習塾『かわしま進学塾 宮野校』のヒゲです!!

 

今日は10月25日に行われたプロ野球のドラフト会議で4球団競合の末、中日ドラゴンズが交渉権を獲得した大阪桐蔭高校の根尾昂選手についての様々なエピソードについてお伝えします。

 

 

この夏の決勝前夜、大阪桐蔭の西谷浩一監督までもが、投打の二刀流で快進撃を支えてきた根尾昂を「根尾さん」と呼んだ。

「移動中のバスでも本を読んでいますし、勉強も熱心。どっちが大人なのか、わからなくなるときもありました(笑)。
“根尾さん”はまったく手のかからない選手でした」(西谷監督)

翌日、金足農との決勝で、相手エースの吉田輝星から本塁打をバックスクリーンにたたき込み、有終の美を飾り、 史上初の2度目の春夏連覇へと導いた。

けなげで純朴で、それでいて理知的。定めた目標に邁進する姿勢が、彼の言葉から、練習態度から、そして試合での立ち居振る舞いから伝わってくる。
試合で本塁打を何本打とうが、先発して16個の三振を奪おうが、満足するような言葉を聞いたことは一度もない。

大阪桐蔭の野球部やサッカー部、吹奏楽部の生徒は体育・芸術コースとなる「III類」に通う。

複数クラスある中でも成績優秀者はAクラスに属され、中学時代にオール5の成績だった根尾も野球部では数少ないAクラスの生徒だ。

ほかのクラスと違って、宿題も多く課されるという。同校の教師のひとりが、高校生としての彼の素顔をこう話す。

「野球部の練習の合間を縫って課題をこなすのは大変なことです。授業中に寝ているなんて聞いたことがない。
何でも吸収する真綿のような高校生で、ファンになった教師も多く、既にサインをもらっています(笑)。
彼ならこれから勉強しても、京大に合格できるかもしれません」

 

1日のタイムスケジュール
2018_1021_225513_331

授業の合間には読書を行う
2018_1021_225623_087

「知らないことがあると知りたい。野球をどれだけ上手い人がいたとしても、人間性がともなってなければ信頼されないじゃないですけど、最終的に人として成長していくのに必要かなと思っています」
2018_1021_225639_176

綺麗にまとめられた英語のノート
2018_1021_224311_579
2018_1021_224320_154

遠征で授業が受けられない時も、クラスメートからノートを借りて追いつく
2018_1021_224330_172
2018_1021_224426_657

「野球を第一に入っては来たんですけど、やはり高校生ですし、そこ(勉強)が疎かになっては高校に来た意味がないので」

 

 

no title

no title

no title

 

文武両道を正に体現している人物って感じですね。

ただそもそもの文武両道の意味はどちらも秀でているって意味だけではなくて『文によって武が磨かれ、また武によって文が磨かれる両立の関係』という意味もありました。

この2つ目の意味でも根尾昂選手は体現されていると思います。

今、学んでいる内容が『あんまり役にたたないことなんじゃない?』と思いながら聞いているときっとそうなってしまうのかもしれませんが、

逆に『いつか役にたつかもしれないから、ちゃんと勉強しておこう!!』と思って勉強してみると、

それが思いも寄らぬところで役に立つということは、上の根尾昂選手の話からも事実であると言えることだと思いますよ。

 

 

-KAWASHIN, 勉強法

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2021 All Rights Reserved.