KAWASHIN 勉強法 学習塾

【必見】学校ワークの正しいやり方と宇部校の生徒たち~テストまで残り1週間~

投稿日:

山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」の鮎川です。

今回は校舎紹介ということで…!
宇部校が力を入れているのはココです!

学校のワークチェック

もう始めています。もうすぐ1学期期末テストですので!
中学2年生以降は残ってやって帰ります。
なぜ、そこまでしてやらなければならないか・・・?

ズバリ

内申点のため

です。いくら一生懸命教えて、学力が上がり、
実力がついたとしても、提出物が出来ていないと
残念なことに、内申点はあがりません。。。

もう1つ理由があります。
それは・・・

ほとんどの定期試験が
学校のワークから出題されているから

です。学校のワークをしっかりやりこみ、
完璧に理解していれば、高得点が取れます。

宇部校ではこんなルールを作っています。

~ワークをするときのルール~
①テストまでに試験範囲を最低2周する。
②間違えた問題を何回もできるまでやる。
③解説を読み、どうしてもわからなければ聞く。
④ワークは何も見ずに解く。
(あたりまえだけど、答えをうつさない)

そもそもワークというのは、
『ある程度、知識が身についている人のための
確認をする道具』です。

全く知識がない状態では
ただ『やらされている』だけです。
知識が全くない状態では
答えを写す『しかない』でしょう。

では、次のページで、
ワークの取り組み方の詳細

を見ていきましょう!

次のページへ >

-KAWASHIN, 勉強法, 学習塾

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2019 All Rights Reserved.