宮古高校の合唱祭でクラス全員がサングラスで登壇した理由とは・・・

投稿日:

沖縄県立宮古高校で行われた合唱祭で
クラスの生徒が「全員サングラス姿」
で歌ったことが、ネットで話題に
なったので紹介します。

サングラス姿で「15の夜」を熱唱

宮古高校の合唱祭。

ある中3のクラスの35人が、
サングラス姿で登壇し、
尾崎豊さんの「15の夜」を熱唱。

見た目だけでなく、
尾崎さんをまねてセリフを語る
指揮の男子のパフォーマンスもあり、
会場は大盛り上がりでした。

実は、
彼らはパフォーマンスのためだけに
サングラスをかけたわけでは
ありませんでした。

この行動は、クラス全員が
クラスメートの一人の女子生徒を
思ってのことだったのです。

病気が原因でサングラスが手放せない・・・

その女子生徒は、中学2年生だった
2011年に子宮頸がんワクチンを接種。

その副反応とみられる症状で
光に敏感になり、サングラスが
手放せない生活になりました。

次第に頭痛や虚脱感といった
異変があらわれ始め、

高校に入ってからは
手足のしびれなどで倒れ、
保健室に運ばれることが増えました。

体調不良や入院もあって、
なかなか学校へ通えなくなり、
登校できても保健室で過ごすことが
多くなりました。

彼女の通う宮古高校では毎年、
体育祭、文化祭、合唱祭の
どれかひとつを順番で開催しています。

この年は合唱祭の年でした。

当初、
女子生徒は欠席するつもりでしたが、
クラスメートに誘われて
練習から参加しました。

放課後の練習を終えた後、

「サングラスで本番出るのは嫌だなー」

っと不安をこぼすと、
隣にいた別の生徒が

「じゃあ、みんながサングラスで出たらいいんじゃない!」

と声をかけました。

すると周りの生徒たちも

「いいね!曲の雰囲気に合ってるし!」

と応じました。

しかし、女子生徒はためらいました。

実は女子生徒は、
こんなふうに考えたのです。

「きっとサングラスつけたくない人もいるはず。
 それに、持ってない人は買わなきゃいけない。
 私のために無理しないで。」

その思いをみんなに告げると、
仲間たちはこう返してくれました。

「大丈夫だよ。
 合唱祭終わったら絶対に
 『やってよかった』ってなるから。」

これを受け、担任の女性教諭は
学内で事情説明に回りました。

「私がしたことはこれだけ。
 
 女子生徒を練習に誘ったのも、
 サングラスをつけようと動いたのも、
 全部生徒たち。

 リーダーがいるわけでもなく、
 おとなしいと思っていた生徒たちですが、
 しっかり成長していました。」

その後、クラスの仲間は、
両親や祖父母から借りるなどして、
当日は全員がサングラスを持参。

登壇すると一瞬どよめいたものの、
曲が終わると会場は大きな拍手に
包まれました。

本来、保護者は観覧できませんが、
女子生徒の母親は特別に許可を
もらって様子を見ていました。

体はつらそうでしたが、
笑顔を絶やさない我が子。

終わった後、
クラスメートと握手しながら、
こう声をかけられていました。

「ありがとう、おかげで一つになれた。
 最高のクラスになったね!」

その言葉を聞いた女子生徒は

「この一言で、大変だったことが全部チャラになった」

と思ったそうです。

また彼女は、

「みんなと歌って超楽しかった。
 楽しい思い出がつくれて良かった。」

と振り返りました。

女子生徒の母親のコメント

日々いろんな症状があり、
つらい思いしている中でも

「私のためにゴメンね」と
経済的な心配をしたり、

島外での治療のために
「きょうだいに寂しい思いをさせている」
と家族の心配をしたり、
そんな娘です。

今は高校の先生方や友達の理解・支え
があり、休みがちではありますが、
何とか頑張って登校しています。

体力的には辛いと思います。

娘以上に副反応に苦しんでいる子は、
たくさんいます。

早急に治療法が確立されることと、
国からの救済を願っています。

そして、この記事を読んで、
原因が分からずに苦しんでいる子が
副反応のことに気づき、

前に進むことが出来るなら
うれしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当に素晴らしい生徒たちですね。

人の苦しみや痛みがわかり
そのことを皆でカバーする。

本当に素晴らしいことだと思います。

彼女に素晴らしい人生が
訪れることを期待するとともに

お母さんのメッセージが
多くの人に届くことを
心から祈っています。

出典元:iinee-news.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

-
-, ,

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.