受験シーズンまっただ中。

なぜか受験シーズンになると、
毎年、各地が大雪が降り、

受験会場に向かう受験生たちにとって
交通機関の乱れは特に気にかかるはずです。

2010年の1月も日本海側は大雪でした。

そんな中、
女子中学生とその母親が受験前日の夜
、試験会場から300km以上離れた場所
で足止めになってしまいます。

絶望的な状況に一度は諦めかけました
が、母が発した一言がきっかけで、
その後、信じられない奇跡が起こりました。

パイロットになる夢

埼玉県川越市の川口瑠美子さんは、
中1の頃に航空自衛隊の
ブルーインパルスを見たときから、

パイロットになる夢を持ち続けて
いました。

そして中3になったとき、
石川県輪島市にある航空高校を
受験することにしました。

大雪で受験開始に間に合わない・・・

入試前日の2010年1月16日、
瑠美子さんと母のスサナさんは新幹線
で新潟県長岡市まで行きました。

そこから電車とバスを乗り継いで高校
のある輪島まで行く予定でした。

ところが、その日の新潟は大雪。

乗るはずだった列車が運休。
時刻は午前0時。

航空高校までの道のりは、300km
ありました。

このままでは試験開始の9時に
間に合わないかもしれないという状況
に、瑠美子さんは泣き出してしまった
そうです。

そのあと、多くの人を感動させる
奇跡が起こるとは・・・
 
 

奇跡のヒッチハイク

しかし、
スサナさんは諦めていませんでした。

娘の夢のために何かできる事はないか
と必死に考えた母は、あるアイデアが
にたどり着きます。

「ヒッチハイクしかない」

この可能性にかけてみることにした
母と娘は高速道路のインタージェンジ
まで歩き、大雪が降りしきる中、
通る車に向かって1時間以上、
手を降り続けました。

そして、やっと停まってくれた車を
2台乗り継ぎ、午前2時半に
新潟県直江津駅に到着します。

しかし、
電車はもちろん動いていません。

途方に暮れる瑠美子さんを
母は再び励まし、2人は少しでも
前進しようと雪の中を
歩き続けました。

試験まで4時間を切った午前5時、
24時間営業のガソリンスタンドに
たどり着いた2人は、

そこに停車していた1台の
運送トラックを見つけます。

トラックは神戸へ向かう途中でした。
そこで、通ってもロスがない金沢まで
乗せてもらえることになりました。

親子を乗せたトラックは北陸道を走り、
新潟から富山、そして石川へ。

道中スサナさんは「ヨコヤマ」さんと
名乗る運転手の男性にことの成り行きを
話しました。

ヨコヤマさんは無口でしたが、
優しい男性で

「寝た方がいいよ、受験でしょ」

「お母さんも疲れたでしょう?」

と気遣ってくれたそうです。

やがて、石川県に入ると国道の
分かれ道にきました。

しかし、トラックはそこから
金沢ではない方角へと走り始めます。

ヨコヤマさんが親子に言いました。

「輪島までいっちゃる」

このままのペースだと金沢着が7時半、
金沢に到着しても試験会場の輪島まで
はバスで2時間以上、

試験開始の9時には間に合わないこと
を彼は心配したのです。

配送先に4時間遅れてまで送ってくれる
と言うヨコヤマさんに、母と娘は感謝
の言葉が見つかりませんでした。

わたしが感動したこと

瑠美子さんは、無事入試に挑むことが
できました。

そして、作文試験に出題された
課題を見て目を丸くします。

 
 

「私が感動したこと」

瑠美子さんは、迷わず前日からの
いきさつをありのままに綴りました。

大雪の深夜に見知らずの親子を乗せて
くれたトラック運転手のあたたかさ、
絶対に諦めないと懸命にヒッチハイク
をして車を探してくれた母、

「人の優しさに感動した」と。

「私の感動したことは、人の優しさです。金沢まで向かっている途中『よし、輪島までいっちゃる!』と言われました。このような形で人の優しさにふれることができ、感動、感謝」

後日、瑠美子さんのもとに合格通知が
届けられました。

学校はお礼を言おうとトラックに書いて
あった運送会社の名前から「ヨコヤマ」
さんを探し当てて電話をかけました。

ヨコヤマさんの最初の一言は
「その子どうなりましたか?」。

合格したことを伝えると
「あーよかった」と言っていたそうです。

この心温まるエピソードはテレビや
新聞などでも取り上げられ、日本中を
感動させました。

しかしヨコヤマさんはその後も
一切取材に応じることはありません
でした。

理由は

「たいそうな事をした訳じゃないから」

だそうです。

出典元:imishin.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
この時期になればこのエピソードを、
思い出します。

川口さんはその後、日本航空大学校に
進学し夢を追い続けることができました。

最後まで諦めず娘を励まし続けた母、
名前しか告げず、走り去っていった
無口なトラック運転手。

その2人のあたたかい心が1人の少女の
夢を繋ぎました。

ヨコヤマさんの善意、諦めなかった母
と娘の実話を多くの友達に伝えてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします