南アフリカのケープタウンにある
貧民街は衛生環境が劣悪なため、

毎年数千人もの人々がチフス、下痢、
肺炎、コレラなどの感染症で
亡くなっています。

中でも子どもたちの死亡率が高く、
衛生状態の改善が急務となっていました。

子どもたちの命を奪ってしまう感染症
の多くは、実のところ

“頻繁に石鹸で手を洗うこと”

によりかなりの割合で防げます。

そこでWHOは、子どもたち一人一人に
石鹸を配布することにしましたが、

普通の石鹸を単に配布するのではなく
ある工夫をしました。

その石鹸は、

“石鹸を確実にしかも頻繁に使ってもらえるように”

と、

「Hope Soap」

と名付けられました。

子どもに配布される「Hope Soap」
の中には、オモチャが埋め込まれています。

ミニカー、キティーちゃんなど、
どれも子どもたちにとって
魅力的なものばかりです。

石鹸の中のオモチャが欲しい
子どもたちは、石鹸を使いきるために
一生懸命に石鹸で手を洗うようになりました。

さらには手だけでなく、顔や体も頻繁
に石鹸で洗うようになったといいます。

結果、貧民街で発症する感染症は何と
70%も減少しました。

子どもたちがもらえるのは
「石鹸の中のオモチャ」というとても
小さなプレゼントですが、

南アフリカ共和国は「衛生的な国家に
なるためのかけがえのない希望」と
いう大きなプレゼントを

今回のプロジェクトにより
受け取りました。

“ただ石鹸を配って終わり”という企画
ではなく、目的を達成することを念頭に
おき、子どもたちの気持ちを捉えた
“使ってもらう仕掛け”が素晴らしいですね。

この試みのように、知恵を絞れば
子ども達の未来のために大人ができる
ことはたくさんあるはずですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします