子育て

虐待を受けて亡くなった5歳の女の子が書き遺した反省文に胸が痛い・・・

更新日:

2018年3月に親の虐待受けたとされて亡くなった
当時、5歳の女の子が残した反省文に、
胸が締め付けられる思いがしました。

これは、女の子が両親にあてた手紙として
警視庁が公開したものです。

それでは、お読みください。

虐待を受けて亡くなった少女が書き遺した反省文

きのう ぜんぜんできてなかったこと

これまでまいにちやってきたことをなおす

これまでどんだけあほみたいにあそんだか。

あそぶって あほみたいだからやめる

もう ぜったいぜったいやらないからね

ぜったいやくそくします

もう あしたは ぜったいやるんだとおもって

いっしょうけんめいやる やるぞ

ママ、もうパパとママにいわれなくても

しっかりとじぶんからきょうよりか

もっとあしたからは できるようにするから。

もうおねがいゆるして ゆるしてください。

おねがいします。

ほんとうにもうおなじことはしません

この女の子が発見されたとき、
体は極度にやせ細り、

顔や体には殴られたと思われる
あざがあったそうです。

正直、この記事を書くのは悩みました。

わたしも一人の親として、
信じられない思いと、

この女の子のメッセージに
胸を締め付けられた思いが
交錯しました。

虐待している本人には響かないかも
しれません。

でも、虐待を知っていて
止めあぐんでいる大人の心には
響くかもしれません。

この記事が、この女の子と同じように
虐待に苦しんでいる子どもが
助かる一助になることを願います。

-子育て,
-

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2019 All Rights Reserved.