KAWASHIN たかおか塾

実践!?爆笑勉強法!!笑うってすごいwww

投稿日:

こんにちは。

山口市の学習塾「小さな学び舎たかおか塾」の徳山です。

 

『笑う門には福来る』

昔から笑いは心と身体に大きな影響を与えるといわれてきました。

 

例えば笑いが体の免疫力を上げるという説。

“笑い”がNK細胞を活性化して 体の免疫力をアップする!

あまり知られていませんが、若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しています。
これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞です。
人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だとがんや感染症にかかりにくくなると言われています。

私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。
“笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです。
逆に、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受け取ると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もパワーダウンしてしまいます。

ただ、免疫力は強ければよいものではありません。リウマチや膠原病など自己免疫疾患と呼ばれる病気は、免疫システムが体に悪い影響のある物質だけでなく自分自身の体まで攻撃することで引き起こされます。
実験を行ったところ、”笑い”にはこうした免疫システム全体のバランスを整える効果があることも明らかとなりました。
つまり大いに笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にも繋がるのです。

 

 

 

記憶力、判断力もアップ!!

 

人は笑うと脳への血流が増加し、自然と脳の働きが活性化されます。
そして特に活発化するのは海馬側頭葉
海馬は記憶、側頭葉は判断力などを司る器官です。

つまり、笑いは脳を活性化させ、いつもより記憶力が増す、テキパキ判断を下せる、といったふうに脳の機能を向上させるのです。
そして、笑いは脳波の中でもアルファ波を増加させます。

アルファ波は脳をリラックスさせながらさらに脳機能を高める相乗効果を持つ脳波です。
笑いは脳への血流を増加させることで脳機能を向上させ、さらにアルファ波を増加させることでさらに脳機能を高めるということになりますね。

 

さらには、アレルギーの改善にも役立つ!?

笑いは、各種アレルギーを改善する効果があると言われています。
特に、アレルギーの中でも代表的なアトピーにも効果があると医療現場で認められています。

アレルギーとはそもそも、体内の免疫細胞が必要以上に機能しすぎることによって発生します。
本来は抑制する必要のない部分にまで免疫細胞が働いてしまうのです。

そしてアレルギーの多くは、体内に存在する「IgE」と呼ばれる抗体が原因であると言われています。

つまり、IgEが機能しすぎてしまうことでアレルギー症状を引き起こしてしまうのです。
笑いは、このIgE抗体を減少させることがわかっています。

アレルギー症状を引き起こす抗体を減らすことで改善に導いてくれるということですね。
最近では、病院でのアレルギー治療に笑いを取り入れるなど、新たな治療法として取り組んでいる病院も増えてきています。

 

 

そして、笑いが心にとってもいいのはもちろんわかりますよね。

 

今回のような小難しい話をするときも合間合間に笑いを入れて。

だって笑っているときに眠るのは無理ですから(笑)

 

さらに人は感情の起伏が激しいときにそのきっかけを強く記憶するらしいです。

だから話を聞いてほしいときほど笑いを。

 

なにより!

ただ教科書を読んでるだけじゃあ、授業は面白くないですから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-KAWASHIN, たかおか塾

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.