KAWASHIN 時事問題

高校を辞めてしまったときの選択肢とは。

投稿日:

山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」の野上です。

 

今日の内容は、高校を辞めたいと悩んでいる人へのアドバイスを書いてみました。

先に述べておきますが、私の意見は大きくまとめると「高校の卒業資格は必ず取ろう」です。

 

ただし、全日制の高校に通い続けることだけが高校卒業のための方法ではありません。

もし、高校を辞めてしまった場合、どのような選択肢があるのか、ポイントをまとめてみました。

 

 

その前に、日本では9割以上の人が高校を卒業し、うち約8割の人が大学や専門学校に進学という事実があります。

まずは、高校を中退(中卒)の場合、どんな苦労があるのでしょうか?

 

高校を中退して、中卒のままで仕事を探しても、就職先がなかなか見つかりません。
また、職種もかなり限定されてしまいます。

 

例えば、中卒だとなりにくい職業は主に以下の3つです。

・会社員 ・公務員 ・専門職

 

たったの3つですが、世の中の大半のいい仕事と呼ばれるものが、この3つに分類されます。

つまり、高校中退だと、一般的な仕事にはかなり就きにくくなります。

 

また、高校中退者は、そう遠くない未来に仕事がなくなる可能性があります。

AIの発達によって、20年以内に、49%の仕事がロボットに代わるといわれています。

その代わる仕事とは、主に、肉体労働や接客業などです。

つまり、中卒でも就ける仕事の大半が、ロボットに置き換わります。

 

AIの発達による労働者の削減はもう間近に迫っています。

ある回転寿司屋では、ロボットのペッパー君が受付だったりします。

そのうち、ロボットがお寿司も運んで、会計もやって、バイトの仕事をぜんぶやるようになると、中卒の人はいらなくなります。高校中退なんて、働き口は一気になくなってしまいます。

必要な人材は、ペッパー君のメンテンナンスができる技術者や、経営のことが分かる正社員や店長がいればお店の運営はできてしまうようになってしまいます。

 

 

それでは、高校を辞めた場合にどのような選択肢があるのでしょうか?

 

別の高校に入学する。

・全日制

全日制高校への転入・編入は、引っ越しなどの理由がない限りあまり例がなく、現実的には選択肢としてのハードルは高いです。1年生からのやり直しであれば、再入学という選択肢もありますが、浪人生が一定数いる大学とは違って学年が違うことに対する抵抗はかなり大きいです。再入学は、受験に合格しなければいけませんが、自由に高校を選ぶことが可能です。

・定時制

定時制高校は、全日制高校と同じように通学することで単位を取得し卒業を目指します。単位取得には授業に出る必要があるため、通学が苦にならない人や、友達と学校生活を送りたいという方にはオススメです。最近では、通学時間を午前、午後、夜間の3部から(複数)選べる学校もあります。通う時間によって通っている生徒のタイプが全く異なる場合もあるので、自分の性格と合うかなどをよく確認することが大切です。

・通信制

通信制高校は、基本的にレポートの提出などで単位を取得するため、卒業までに必要な通学も少なくて済みます。自分のペースで勉強したい方や、継続的な通学に苦手意識のある方にオススメです。ただ、自分だけで勉強を進めることがなかなか難しいようで、卒業率も他の高校に比べて高くないという現実もあります。そのため、塾などに通いながら継続的に勉強を続ける習慣をつくっていくこともおススメします。

・高専

高等専修学校(高専)は、社会に出てすぐに役立つ実践的なことを学べます。授業は、座学だけでなく、実習・実技が多いため、仕事に直結する知識やスキルを学びたい方や、そのための資格を取得したい方におすすめです。ただし、高専で学ぶ内容は高校に比べて専門的なことが多いため、自分に合うかどうかをしっかり検討してください。

・海外の高校

 

高校に行かない

・高卒認定試験を受験

高校卒業程度認定試験に合格すると、高校を卒業せずに大学や専門学校に進学できます。「働きながら」、「学校に通いながら」受験することもできます。「そんなに難しくない試験」と言われることが多いのですが、塾や支援団体を頼った方が効率的に勉強できます。

 

 

最後に

悩みを抱えている皆さんは、高校に行きたくてもいけないといったもどかしさや、前に進んでいないと感じる現状に苦しさを感じているのではないでしょうか?

 

今の苦しさは永遠に続く・・・そう感じてしまいます。

 

そんなことはありません。

10年後、20年後と、みなさんがもっと大人になってから過去を振り返った時に、

あの時は「今」しか見えていなかったんだなぁ…と思えるようになります。

 

今のあなたに必要なのは、あなたを支えてくれる協力者を見つけ、未来に向けたほんの小さな一歩でいいので足を前に踏み出すことです。

 

「かわしま進学塾」では、「広域通信制高校 精華学園高等学校 大内学習センター」を導入しており、実際に高校の卒業資格を得ることができます。また、「かわしま進学塾の個別授業」では、高校認定程度卒業試験の受検の学習指導や、通信制・定時制高校の卒業サポートをしています。

 

高校を卒業して、大学や専門学校に進学したい!

「かわしま進学塾」は、そんなあなたの未来を切り拓いていくための一助になれたらと思います。

-KAWASHIN, , 時事問題

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2019 All Rights Reserved.