今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率は何%か

地震の発生確率をまとめた予測地図の
最新版が発表されネットで話題に
なっているので紹介します。

この地図は、今後30年以内に
震度6弱以上の地震が発生する確率によって
色分けされていて、

最も濃い赤色は、発生確率が
26%以上の地域を示しています。

その地図がこちらです。

都道府県の県庁所在地で見ると、
千葉市が全国で最も高い85%で、

次いで神奈川・横浜市、茨城・水戸市と
なっています。

また、南海トラフ地震が想定される
太平洋沿岸では、高知市が75%、静岡市が70%
と、引き続き高くなっています。

一方、新たに千島海溝沿いの
巨大地震の研究結果をふまえたことで、
北海道東部で大幅に確率が上がり、
根室市が78%に、釧路市が69%となっています。

地震があったらどのような行動をとるのか。
家族の中で話し合うことも防災の一歩だと
思います。

あなたの地域は大丈夫でしたか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします