あるラーメン屋でのやり取りの記事が
ネットで話題に泣ているので
紹介します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ふらりと立ち寄ったラーメン店。

こだわりのスープが売り物とか。

まだ若い店主の元気な声が響く。

ラーメンを注文した客の
携帯電話が鳴った。

込み入った内容らしい。

客は話しながら店の外へ。

出来上がったラーメンが
席に置かれた。

客はなかなか戻ってこない。

しばらくして席に着いた客がラーメン
に手を伸ばそうとした。

その時、店主はさっとラーメンの器を
引いて、湯気の立つ作りたてに
取り換えた。

驚く客に

「お客さんに、冷めたラーメンは食べさせられませんから」

「2杯分の料金を」との申し出を
固辞した店主。

そのTシャツの背中に書かれた文字に
目が留まった。

「一杯入魂」。

野球の「一球入魂」の
もじりだろうか。

なるほど。

この店のラーメンが
うまい理由が分かった。

出典元:nishinippon.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
リピートを生むサービスとは、
こういうものでしょうか。

無下にサービス過多になることを
望んではいません。

ただ、ほんの少し期待以上の
心遣いができるお店に行きたいと
思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします