日本と海外の教育の違いは大きい。

海外から見た日本の素晴らしいところ
は、

「時間をしっかり守る」

「ゴミをかたづける」

など、日本人にとっては当たり前と
思える気質のようなモノ。

この「日本人の気質」は、子どもの頃
から学校生活の中で事前と身につけて
いくものだろう。

海外では、当たり前のように二カ国語
以上を話せる子どもは多い。

多国籍の国では常に、英語と現地語が
入り交じっているという環境が影響
しているのかもしれないが、

学校の授業で英語の時間を数年間確保
しているのに、全く話せない子ども
ばかりの教育は不思議でならない。

このように、
国が変われば、得る能力も、気質も、
考え方も違う。

今回紹介するのは、
インターナショナルスクールに子ども
が通うことになった親御さんが

「差別」についての考え方の違いに
関して投稿した内容を紹介します。

それが、コチラ・・・

とっても深いー

この投稿に関するコメントは・・・

この投稿を見て、思い出したのが、

金子みすゞさんの「みんな違ってみんないい」

これは、国の教育のスタンスであり、
どちらが正しいというものではない。

そのときの、時流がどちらを求めて
いるかをつかみ、柔軟に対応できる
かどうかだと思う。

これからの、労働力が低下し、AIだけ
では対応できなくなり、

海外の労働者と一緒に働く機会は、
増えるかもしれない。

そんなときに柔軟な発想ができないと
衝突は絶えなくなる。

これはとっても深い問題。

「差別はいけない」は同じ。

日本と海外の子どもたちが、
このような問題に関して活発に
議論できる場を提供するのが

僕たち大人のやるべき事かもしれない。