冬のマストアイテム『ヒートテック』の危険性とは・・・

冬が近づいてきました。

寒くなるとヒートテック以外、
着れないって人も最近多いのでは
ないでしょうか。

ヒートテックが暖かい理由

ヒートテックが暖かい仕組みは、
体から出る汗が水蒸気になって
ヒートテックの内側のレーヨン素材に
ぶつかるときに熱を発するからです。

発生した熱は、さらに保湿性が高い
マイクロアクリルのそうで閉じ込められます。

だから、薄さの割に暖かいんですね!!

しかし、この発熱の仕組みに危険性が
あることが話題になっています。

ヒートテックが危険な理由

それは、レーヨン素材の吸水性が高い
ため、肌が乾燥しがちになることです。

さらに・・・

化学繊維を使用しているため、
化学繊維によるアレルギーが原因で
かぶれ、湿疹がでて、かゆくなる場合
があります。

これは、単なる乾燥肌と違って、
危険です。

もう一つは、レーヨンは吸水性が、
高すぎて大量に汗をかいてしまいます。

そして、すぐに飽和状態になり、乾き
にくいため、外気温によって冷え、
体温を低下させる場合があります。

大量に汗をかかないように注意しない
といけませんね。

注意して使えば、メリットの多いモノ
です。

上手に使って寒い冬を乗り越えるお供
にしましょう!!!

出典元:buzz-media.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です