わずかな睡眠不足がまるで借金のよう
にじわじわ積み重なる「睡眠負債」。

命にかかわる病気のリスクを高め、
日々の生活の質を下げていることが
明らかになりました。

わたしも、ずっと睡眠が浅く小さな
物音ですぐに目覚めてしまったり、
一度目覚めたらなかなか寝付けない
という悩みを抱えていました。

それは、ストレスになり、仕事の
パフォーマンスを下げる大きな原因
になっていました。

そこで、睡眠について真剣に学ぶ
ことにしました。

そのときに、友人に勧められたのが
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術
という一冊の本でした。

この本を読むことで睡眠について学び
、少しずつ深い睡眠を手に入れること
成功しています。

おそらく、わたしと同じように睡眠に
悩まされている人は沢山いるはずです。

そんな、あなたの助けになれることを
願っています。

睡眠は脳と身体をつくり変える?!

私たちの体内では、目覚めているとき
に異化作用(外から摂取した物質を
体内で分解する過程)が起こり、

眠っているときに同化作用(外から
摂取した物質を合成する過程)が
起こります。

睡眠時は同化作用が活発で、免疫力、
骨、筋肉の成長や再生が促されます。

つまり、眠ることで身体は再生され
若さが保たれます。

良質な睡眠は、免疫系の強化、
ホルモンバランスの安定、新陳代謝
の促進を促し、脳の働きも改善
させます。

多くの人は休むことなく働き続ける
ことで仕事の質を大幅に落として
います。

調査によると、24時間一睡もしない
状態が続いた直後は、脳に送られる
グルコースの量が全体の6%減るそう
です。

グルコースはブドウ糖のことで脳の唯一
のエネルギー源であるため、脳を活性化
させ集中力を高める効果があります。

そのため、グルコースは、脳だけで
1日120gも使用されると言われています。

睡眠不足がミスをもたらす科学的理由とは

睡眠不足によりグルコースの減少は
均等ではありません。

睡眠不足になると頭頂葉の前頭前皮質
のグルコースが実質12~14%失われます。

頭頂葉の前頭前皮質は、複数の考えを
区別するとき、物事の善悪を区別する
ときに一番必要とされる脳の領域です。

夜更かししたときの次の日に、日ごろ
は絶対にしないミスをすることは、
いつもよりも鈍い状態の脳で仕事を
していたから起きたミスなのです。

睡眠不足ではグルコースを体が
求めるようになります。

自然と、お菓子やアイスクリームなど
を手に取ってしまします。

これは、脳がそのような指令を身体
に送る仕組みになっているので仕方
がないことです。

だから、睡眠不足は肥満の原因となり
健康に悪影響を与えてしまいます。

睡眠負債を解消するために、
メラトニンサプリメントで一番人気は
「Natrolブランドのメラトニン1mg 90錠」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします