KAWASHIN イベント

先輩と後輩の絆~優しい心でみんな仲良くね~

投稿日:

こんばんは!
山口市の学習塾『かわしま進学塾』白石校の小森です。

中学校では卒業式も終わり、それぞれがさまざまな時を過ごしているようです。

今までのうっぷんを晴らすべく遊びまくっている子。(我慢したもんねぇ・・・)
念願のスマホをゲットし、いじりまくっている子。(買い与えた以上、管理は保護者にお願いします。)
入試の手ごたえの無さに脱力している子。(自己採点の結果ではイケてると思うよ)
入試当日から東進の招待講習を受講しまくっている子。(その心意気良し!!)

この1年の時間も使い方は人それぞれでしたね。
そして時間だけが平等に与えられているものだと思います。

中3にずっと言い続けてきたこと。

『高校入試がゴールではなく、スタートだよね?』

入試後の時間を次への準備の為に使っている子は、その事が理解できてるんでしょうね。

入試の合否はそれまでの努力が形として現れるだけで、『正解か不正解か』や『正しかったか正しくなかったか』ではなく、それまでの過程が『どうだったのか?』という結論が出るだけだと思います。

その結果をうけてどう行動するのかはその人次第ではありますが、できるなら常に『今、何を考え、何をすべきか』ということを念頭に自身と向き合って過ごしてください。

先生という立場より先輩として思います。

見事、大阪大学に合格した先輩から後輩へアドバイスをしている様子。
まるで兄弟のようです。

スタッフとして初めて全体会議に参加した佐藤ちゃん。
先輩スタッフの見守る笑顔が温かい。

こちらも人生の先輩から二回りも違う後輩への指導の様子。
いつになく真剣に話を聞く彼女の姿勢に絆を感じます。

人間関係はお金でできるものではなく、ともに過ごした時間でできるのでしょう。
たくさんの絆をこれからも築き上げていきます。
 

-KAWASHIN, イベント

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.