交通事故で娘さんを亡くした”風見しんご”さんからの小さなお子さんを持つ、お父さん、お母さんへのメッセージ

最愛の娘、えみるちゃんの事故

出典元:iinee-news.com

風見しんごさんといえば、いつも明るく元気なイメージの俳優さん。

そんな、風見しんごさんが、難しい顔をし、沈黙を続け、
泣き顔を見せたのは、ある事故によるものでした。

2007年、当時10歳だった風見しんごの長女・大下えみるちゃんが、
トラックにはねられたとの通報が近所の方から入りました。

事故現場は、風見しんごさんの自宅から
100mほどのところにあったため、すぐに駆け付けた風見しんごさん。

そこで見た光景は、腰にトラックが乗っかり
下敷きになっている娘・えみるちゃんの姿。

風見しんごさんは、すぐにトラックを持ち上げて、
娘を救出しようと試みました。

しかし1人の力では、トラックはビクともしません。

大人10人ほどが集まり、ようやくトラックを持ち上げ、
なんとかえみるちゃんを救出しましたが、
えみるちゃんの顔はうっ血し、ひん死の状態でした。

「トラックの正面から下をのぞき込むと後輪の間から脚が見えた。僕が買ってあげたスニーカーを履いていた。下敷きになっている娘を、近所の皆さんがトラックを持ち上げて引っ張り出してくれた。頭も胸も足も壊されていた。顔は腫れ上がって…。それでも1時間半、一生懸命生きようとしていた」

娘の残酷な姿を目の当たりにした風見しんごさん。

怒りを運転手にぶつけたとしても娘は帰ってこない。

喧嘩が大嫌いだった愛娘を思い、
風見しんごは運転手には何も言わなかったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です