「パイロットになる夢」を追い続けることができた「ヒッチハイクの奇跡」

受験シーズンまっただ中。

今年は各地が大雪が降り、受験会場に
向かう人たちにとって交通機関の乱れ
は特に気にかかるはずです。

2010年の1月も日本海側は大雪でした。

そんな中、
女子中学生とその母親が受験前日の夜
、試験会場から300km以上離れた場所
で足止めになってしまいます。

絶望的な状況に一度は諦めかけました
が、母が発した一言がきっかけで、
その後、信じられない奇跡が起こりました。

パイロットになる夢

埼玉県川越市の川口瑠美子さんは、
中1の頃に航空自衛隊の
ブルーインパルスを見たときから、

パイロットになる夢を持ち続けて
いました。

そして中3になったとき、
石川県輪島市にある航空高校を
受験することにしました。

大雪で受験開始に間に合わない・・・

入試前日の2010年1月16日、
瑠美子さんと母のスサナさんは新幹線
で新潟県長岡市まで行きました。

そこから電車とバスを乗り継いで高校
のある輪島まで行く予定でした。

ところが、その日の新潟は大雪。

乗るはずだった列車が運休。
時刻は午前0時。

航空高校までの道のりは、300km
ありました。

このままでは試験開始の9時に
間に合わないかもしれないという状況
に、瑠美子さんは泣き出してしまった
そうです。

そのあと、多くの人を感動させる
奇跡が起こるとは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です