未分類

アジフライが食いたくなる仕組み

投稿日:

今日の山口市は曇り。
山口県の青年会議所では、本日大きなイベントが行われます。
防府の後輩が一生懸命設営してきたので、晴れてもらいたい!!!
さて、最近アジフライが食いたくなるんです。
理由は明快で、僕がfacebookを開くとこの画像が飛び込んでくるからです。

すんげー食いたくなるでしょ。
今もおなかがなってきました(笑)
いつもは90件ぐらいの「いいね!」がなんと900件以上になっています。
僕だけではなく、アジフライが食いたい中毒に侵された被害者はいっぱいいるはずだ。
この「居魚屋 波柄」は僕の青年会議所の仲間の坂井くんが経営している居酒屋です。
彼とは最近よく話をするようになりました。
特にこのアジフライ中毒者への仕掛けは刺激になり、久々にワクワクして本を読み漁っています。

口コミはA:自然に発生するものとB:意図的に発生させるものがあり、
スタッフの仕事は、しっかりしたサービスでAをつくり、
僕の仕事は、頭を使ってBをつくることです。
さて・・・・・・・・・・・・・・・
もうおせーーーよ!なんてやらないうちから匙を投げるか、
おせーーーのは承知でとりあえずやってみるか。
アジフライを食いたくなった僕はやってみずにはいられないですね。
まあこうやって記事が公開されると、またアジフライ中毒者が増えることで坂井くんの術中にはまっているのですが・・・。
これを見たら、次に波柄に行ったときにそっとアジフライがサービスされることでしょう。
会社をはじめたとき、ホームページビルダーで寝るのも忘れてホームページを作っていました。
あんときの感覚を思い出し今もワクワクしてPCをいじってます。
まだまだ学ぶことはたんまりあります。
今日も山口市NO.1の塾を目指してがんばるぞーーー!!!
※よかったら「いいね!」を押してください(笑)

-未分類

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.