未分類

バンコクにて・・・

投稿日:

バンコク二日目。
天気はもちろん快晴。
朝、7時に目覚めたもののやることもなくプールサイドで、
11:30の待ち合わせ時間までのんびり過ごす。
待ち合わせ時間にひろまが来た。
ひろまは中学校から高校までKAWSHINに通ってくれた教え子。
開校したときの中2の生徒。
在籍中は自我が強くゴーイングマイウェイ。
でもそんなに活発な生徒ではなかった。
大学に行き海外に興味を持ったのか日本人学校という日本人の小中学生が通う学校に勤めた。
バンコクには3年間勤めたのでそのときの同期の先生からの紹介で学校に入ることの許可が下りた。
まずは、ひろまお勧めのレストランへ。
僕のリクエストはタイ料理。
僕は海外に行ったら現地のおいしいものが食べたい派。
タクシーに乗りレストランを探す。
タイのタクシーは、レストラン名ではなく通りの名前で行き先を指定する。
料金はめちゃくちゃ安い。
でも、夜になるとメーターを切って交渉になる。
まあ、それでも安い。
なんとか到着。

東南アジアはパクチーとタイ米が苦手でなかったら、かなり楽しめる。

トムヤンクンに・・・

ひろま一押しのカニ入りカレー。
むっちゃ、うまかった。

食事を終え、日本人学校へ。

いつもたまり場だったという外の売店で時間をつぶし待ち合わせの時間。
厳重な警備。
警備員は休日というのに10名以上。
セキュリティーは、かなり厳しいようだ。
中に入ると日本と変わらぬ風景。
撮影はNGだった。
5年間勤務されている先生から案内されながら教育事情をうかがった。
生徒数は増えに増えまくり3,000名。
教師の数もゆうに100名を超えている。
それでもトヨタなどのき大企業の進出で増え続けているので最近も職員室が教室に変わったとのこと。
通学はセキュリティーの関係で生徒も教師も家までバス。
部活はなくサークル活動。
ほとんど生徒は16時ぐらいには帰宅する。
※それを超えると大渋滞にひっかかり1時間以上帰宅時間が遅れるらしい。
生徒たちは家で少し学校の勉強をしてほとんどが塾へ。
日本人が多く住む一帯には塾が多く日本に帰ってからのことを考え通わせる家庭が多いらしい。
タイに来たくて来ている生徒はほとんどいないので、
まずはタイの良さを知ってもらうこと、
そして、学校に通えることに感謝する気持ちをつけさせることに重点を置いているらしい。
日本は安全な国だ。
日本人学校に通う生徒はタイでは街を出歩くことも制限されている。
タイで学べる生徒もうらやましく思う。
制限は多いがポジティブに考えると英語、タイ語を身近で学び日本では味わえない刺激を受ける。
もちろん、辛いことは多いだろう。
将来の日本をさせる大事な子どもたち。
僕ら大人にできることは彼らに夢を持たせ、
その夢に向かって努力する気持ちを持たせることではないだろうか。
今日は久々の授業。
中3に会えるのが楽しみだ。
この旅で学んだことを生徒のやる気につなげよう。
山口市に貢献できたら海外で教育に携わりたい・・・。

-未分類

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.