こんにちは!
山口市・宇部市の学習塾、KAWASHINグループの川島おさむです。

 

各予備校で大学別のプレ模試が始まっています。
大学入試はいよいよ正念場です。

 

10月から11月は本当に模試が多い。
当塾では先週から始まり11月第2週まで全ての日曜に模試が行われます。

 

現役生が受験する予備校の模試は土日の早朝から行われることが多いです。

早朝の開校は普段夜の仕事の塾講師にとって正直しんどいんです笑

 

でも、生徒はもっとしんどい。
塾で模試があるように、ほぼ同じ数だけ学校でも模試がありますからね。

1ヶ月で6模試受験する生徒もいます。

 

模試が終わったら模範解答を見て復習をして次の模試までの戦略を練るというのがいつもの流れですが、この時期は2日続けて別の模試が行われたりします。

 

今まで経験したことのない連闘です。

 

連続する模試がしんどくて、「復習が追いつかないから…。」ともっともらしい理由で回避しようとする生徒もいます。

 

でも、わたしは絶対に許しません笑

私大入試シーズンに東京のホテルに連泊して一週間断続的に受験する子たちにとっては最高の実戦練習になりますからね。

 

理由はそれだけではありません。

今回は模試をなぜ受験する必要があるのか。

模試を受験するメリットは何なのか。

について書きたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします