経営者の視点

コップ半分の水

投稿日:

今日はこんな話を生徒にしよう!(これもD桜ネタ。)
コップに半分だけ水が入っている。
あなたは、「半分しか入っていない。」 と思うでしょうか?
それとも、「半分も入っている。」と思うでしょうか?
あなた自身の置かれている状況で回答は違うでしょう。
たとえば、
ファミリーレストランに行って出された水、
一緒に来た他の人は、コップに十分入っているのに、
自分だけが半分。なんとなく適当に扱われた気分です。
「何で俺だけ半分なの?」
たとえば、
アフリカの乾燥地帯を旅行中に熱中症。
そのためか、予定外に水を消費。
やっと見つけたオアシスにも、
たくさんの人が並んで順番を待っている。
体調を崩した自分に水を汲んできてくれる仲間。
まとめて口にできた水に「半分でも感謝」です。
そんなあなたは、今の状況をどんな風に感じていますか?
コップの容量、器の種類も人それぞれ。
また、入っている水の量もそれぞれ。
でも、これだけは同じです。
何もしないと水は減ってゆきます。
増やそうとする努力が大切です。
自分が幸せなのか、そうでないのか、
実は「考え方」一つで状況は変わります。
楽観もできないけれど、悲観する必要もありません。
地道に行けばいいじゃないですか。
器を大きくするのは、次の機会にしましょう。

-経営者の視点

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.