まだまだいじめは続いています。
学校の先生に相談すると、もっといじめられるとじっと我慢している生徒もいます。
おかあさん、おとうさんに相談するときには、かなり大きくなっているケースが多いです。
今の子どもはいろんな顔をつくれます。
学校での顔
家での顔
塾での顔
塾だけの顔では判断できないケースが多いです。
いじめている生徒を辞めさせるのは簡単です。
もちろん塾の中でいじめている様子を発見できれば即辞めていただきます。
でも、危険なのはその後、学校でその子に対してのいじめがエスカレートしないかです。
学校での時間のほうが長いのですから、その子を守るにはどうすることが最善なのか。
会議で議論しています。
いじめた生徒は転校させる。
それも一つの手段かもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします