アイデア 子育て

絵がないのに絵本??「えが ない えほん」がネットで話題に!!!【動画あり】

投稿日:

『えのない えほん』の翻訳者のおもい

『えがないえほん』の翻訳を手掛けた
のは、全国で年間250本もの

「マジックと音楽と絵本ライブ」で
読み聞かせを行っている大友剛さん。

発売を前に、18カ所、約2,000人の
子どもをモニター読者として
読み聞かせてきたところ、

いずれの場所でも子どもたちの笑いが
止まらなかったそうです。

大友さんは、このように語っています。

アメリカの絵本の紹介文では、
このようなことが書かれていました。

「大人はいつもしつけをしたり、教育したり、偉そうなことばっかり言っている。でも、そんな大人が『は?』っていうおバカなことを言い始めるところに、子どもがゲラゲラと笑う」。

大人が絵本に"言わされている"と
いう設定が、子どもの笑いを誘うのだ
と思います。

例えば、いつもは偉そうなお父さんが
「おしりぶ~ぶ~」ってイヤイヤ
言わされていたら、面白いですよね。

一見、読み方に技量が問われそうです
が、小さく書かれている文字は
「普通の自分」、

大きく書かれている文字は
「言わされている自分」という設定で
うまく台本が書かれているので、

その通りに読めば大丈夫です。

学校では勉強、家では宿題、親からは
「脱いだものを片付けなさい」とか
「ごはんはきれいに食べなさい」と
言われる日々。

それはそれで大事なことなんですが、
子どもって本能的には

「自由になりたい」とか

「殻を破りたい」という

気持ちを持っていると思うんですね。

この絵本を読み聞かせている間は
自由な時間。

子どもにとって、体も心も解放できる
時間になるのではないでしょうか。

結局、文字というよりかはサウンドだ
と思うんですよ。

読み聞かせをすると、年長さんは文字
を読みながら笑ってくれるんですけど
、3~4歳は僕が読み聞かせるだけで
「ドッカーン」となりますwww

前後脈略もなく「おしりブーブー」っ
て出てくるのもおもしろいですよね。

小さな子どもって例えば、
自分の排泄物に対して、喜びや発見、
神秘や感動を感じているそうです。

そもそもこのような下品な言葉って
本来は汚いことではなくて、

人間が生きていくうえで
大事なものばかりです。

こうやって絵本で読んで親子で
言葉を共有することは、
大切なのではないかと僕は思います。

絵本では読み聞かせを聞いている
子どもたちに対して

「人類の歴史の中で一番素晴らしい子どもである」

と伝えている部分があるんです。

さらに言うと、"下品な言葉"は、
"人を傷つける言葉"とは全く違って、
むしろこの本は全体を通して

著者ノヴァクさんのセンスと子どもへ
のリスペクトが感じられます。

読めば読むほど、大人が関心する
ような内容になっていると思いますよ。

-アイデア, 子育て
-,

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.