経理の仕事を終え、防府の病院に直行した。
3階の小部屋だった。
右手にはギブスがはめられつるされたまま寝ていた。
声をかけるとびっくりして飛び起き少しの間、話しをした。
彼は毎日、朝10時に出社し黒板の前で何度も練習していた。
夏季講習から授業を出来ることを夢見て毎日頑張っていた。
その姿をずっと見守ってきたので、今回の事故は非常につらかった。
右手手首の骨折。
右利きの僕等塾講師にとっては仕事を奪われる事故だ。
今は10日後にせまった手術が成功することを祈るしかない。
帰りの車の中で彼の頑張っていた姿が思い浮かび涙が流れた。
神様はその人が越えられる壁しか準備しない。
この壁を乗り越えて一回り大きくなった彼の姿を期待する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします