身がい者と健常者を分けて考えることが差別?

Q:障がい者用の駐車場に車を停めるのは非常識ですか?

車で20分くらいのところにある大型のスーパーで買い物をしたときのことです。

たくさん買い物をしようと思っていたので、障害者用の駐車場に停めました。

出入り口が近いので、たくさんの荷物を車に乗せるのには一番の場所です。

買い物後、車に戻ると駐車場の警備員が私に注意してきました。

「ここは障害者の方の駐車場で、健常者の使用はお断りしています。以後気をつけてください」との事でした。

凄く言われたときには、負い目を感じ傷つきましたが、帰り道運転をしながら思い出していたらムカつきました。

お客様である私が、なぜそんな言い方をされなければいけないのか?本当にムカつきました。

駐車場代として、お金(お買い物一定金額以上で無料でしたが)を払っていますし、障害者と健常者を分けて考えること事態が差別だと思います。

なぜ、こうも障害者が優遇されるのでしょうか?

トイレも、健常者は男女別しかありませんが、障害者には特別に広いスペースのトイレが作られています。

障害者用の駐車場には、法的な拘束力もありません。

逆差別を行う店に対し怒りがこみ上げてきました。

皆さんにお聞きしたいのですが、障害者用の駐車場に車を停めることは非常識でしょうか?

そして、障害者が優遇されている社会をどう感じますか?

A:障がい者駐車スペースって運転者が障がい者の場合に駐車可能な場所だと聞いた事があります。

たしか空港の駐車場警備員に注意されました。

でも現実には、運転者は健常者で同乗者が障害者の場合に障害者専用スペースに駐車している人は非常に多いと思います。

これらの人も全て非常識と言う事になります。

あと障害者トイレ、男性トイレの障害者用手すり設置、歩道の点字ブロックを使っている障害者を私は見た事が有りません。

また、ノンステップバスなどに障害者が乗り込んで来るのを見た事も有りません。

一応もしかしたら使うかもと言う事で整備されているのでしょうが、実際にはほぼ全て無駄になっていると感じます。

日本の国債が1000兆円を超え国が危ないと言っている状況で、これ以上福祉にお金を回しているべきでは無いように私は思います。

福祉の前に国の再建が優先でしょう。

出典元:Yahoo!知恵袋

※障がい者の「がい」という漢字は、
「碍」という漢字を用いるケースも
多くなっていますが、

この記事に関しては、元記事の漢字を
そのまま、使っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
これにはびっくりしました。

もしも、多くの方が
このような考え方ならば、
身障者用の駐車場を作っても
空いてないはずですね。

ただ、この方に対してここでは、
反対意見が多数入ってました。

それにはホッとしました。

アメリカでは身体障害者用駐車場に
利用証のない健常者が停めると、

最低でも$250(約2万8千円)の
罰金が法律で課せられます。

だからというわけでもないのだが、
アメリカでは身体障害者用駐車場に
わざわざ車を停めて違反する者は
めったにいないそうです。

さらに・・・

更に、身体障害者専用駐車場には、
車いすをおろすための斜線スペース
があります。

その車線のスペースにも、
車を停めている人がいる。

そこに停められたら、
いくら身体障害者専用駐車場に
車を停めても、車椅子の人は、
車から降りれないし、乗れません。

それに身体障害者専用駐車場が
あったとしても、その斜線の部分が
ない所がたくさんある。

それでは、車いすの人には、
使えない駐車スペースだということを
事業者さんたちもわかってないようです。

車いすの人は、その車線部分に
車いすをおろさなければならないのです。

だから車線部分が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

身体障がい者に比べ、
健常者の方が圧倒的に多い。

でも、
生活するうえで身体障がい者の方が、
不便に感じることも各段に多いはずです。

それは、
それをサポートする人も同じです。

駐車場に身体障がい者用駐車場を
設けるには上にあげたように
斜線スペースも必要なためリスクも多いです。

もちろん、多くの人に駐車場を
利用してもらいたいならば
排除した方がいいのかもしれません。

でも、そういうことではない
何かがあると思います。

それが欠如した国には
魅力を感じません。

身体障がい者用駐車場について学び、
利用すべき人でない方の駐車を
減少させ、不法駐車をさせない
見守りの「目」を育て、

障がいをお持ちの方が駐車場を
使いやすい環境を皆で
作っていきましょう!!!

出典元:iinee-news.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします