今回は、あるマラソンランナーについての
お話をご紹介します。

2016年10月にトロントで行われた
フルマラソンで、

85歳のエド・ウィットロックさんが
3時間56分33秒で完走、

85歳以上のフルマラソン世界新記録を
更新しました。

 

若い選手でもフルマラソンを
4時間を切るタイムで完走するのは、
容易なことではありません。

85歳という彼の年齢を考えると、
フルマラソンを完走すること自体が
超人的です!

 

しかし、エドさんはこの記録には
満足していない様子。

インタビューに対して、

「このレースでは3時間50分前後を目標タイムにしていたんだ。
 後半は思うように体が動かなかったし、
 今回のパフォーマンスには自分では満足していないよ」

と語りました。

 

実はエドさん、73歳のときには、
なんと2時間54分という驚異的なタイムを記録、

70歳代のフルマラソン世界記録を更新した
「マラソン界のレジェンド」と呼ばれる人物。

 

エドさんは10代のころにマラソンを
始めたものの、21歳以降はマラソンから
遠ざかっており、再開したのは40歳を過ぎてから。

以来、地道な練習を続け、
数々の成績を残してきました。

彼の走りを支えるのは、こだわりのシューズ。

「最近のランニングシューズは好みじゃないんだ」というエドさん。

なんと20年以上、このお気に入りのモデル
のシューズを愛用しているのだそうです。

 

走るモチベーションを維持するために
エドさんが心がけているのは、
自分の年齢層に応じて記録目標を設定すること。

目標があるからこそ、頑張って
走り続けることができるそうです。

 

「次のレースについては、まだ決めていない」と語るエドさん。

「どのレースが人生最後のレースになるかは、わからない。
 でも、私は可能な限り長く走り続けるつもりだ」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エドさん、凄い!!

モチベーションの維持には、
目標設定が大事。

とても勉強になります。
おじいちゃんに、負けてられませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします