選ばれる7つの理由

①経験と実績が豊富な講師による指導

かわしま進学塾では、20年以上の塾講師経験のある2名の講師が指導します。
これまでに、東大、京大、阪大などのTOP大学にも教え子を輩出しています。


②日本でも豊富な情報網

開校して20年でつくった日本全国の塾とのネットワークで、 全国の塾の仲間達から最新の情報を聞けることができます。
急な転勤で帰国することになっても、その地域の受験情報を集めることができます。


③少人数でひとりひとりを個別に指導

かわしま進学塾のすべてのカリキュラムは、ひとりひとり個別で指導します。
他の生徒に進度を合わせる必要がないので、自分のペースで学習できます。
基本は学校の予習授業を行い、テスト前には、テスト範囲の復習授業を行います。


④最先端の教育ITを駆使した自立型個別授業

かわしま進学塾クアラルンプール校では、学習ITでとことん学べる「自立学習RED」のコンテンツで学ぶことができます。
「自立学習RED」では、AI(人工知能)がお子さまの理解度や問題を解くスピードに合わせて、最適な教え方、スピードを判断します。
授業中のわからない問題は、スタッフに個別で質問できます。

自立学習RED

*詳しくは上の画像をクリックしてください。

自立学習REDは、経済産業省「未来の教室」実証事業に採択されています。


⑤右脳を鍛えるネットそろばん講座

右脳を鍛えるのは小学校の低学年までが最適と言われています。
また、右脳を鍛えるのに最適な方法は、珠算型暗算です。
珠算型暗算とは、そろばんをイメージして暗算をする方法です。
そのため、今、日本では右脳を鍛えるために『そろばん』が再ブレイクしています。
かわしま進学塾では、今、日本で注目されているネットそろばん講座「デジそろ」を受講できます。
「デジそろ」は百マス計算で有名な陰山英男先生が監修した能力開発型の計算力向上コンテンツです。
従来のそろばん教室では、生徒の計算力向上の成果が出るのに半年から1年を要していましたが、陰山メソッドとの併用により、より一層早い段階での計算力向上が見込まれます。
「デジそろ」では、そろばん講座だけでなく百マス計算を含む「数トレ」、右脳を鍛えるのに最適の「フラッシュけいさん」まで、幅広いコンテンツに対応しています。

デジタルそろばん演習教室「デジそろ」

*詳しくは上の画像をクリックしてください。


⑥基礎から文法を学べる英語講座

クアラルンプールに住んでいる子どもたちは、インターナショナルスクールに通っている生徒はもちろんのことですが、日本人学校に通っている生徒も、英語ができる生徒が比較的多いです。
小学生で英検3級や準2級をすでに合格している生徒もたくさんいます。でも、その生徒が中学校に進学して定期テストを受験したら、あまり点数が取れないというケースをよく目にします。
そのような生徒の多くは、文法をしっかり理解できていない生徒です。英検は約6割の正答率で合格するため、リスニングで点数を稼いで、文法がわからないまま、合格している生徒も多いのです。
かわしま進学塾では、そのようなお子さまに最適な英語講座が受講できます。
授業はiPadで受講するので、自分のペースで勉強できます。
マーク式だけでなく、ライティングも勉強できますし、単語テストもあるので、語彙力も高まります。


⑦日本で最先端のプログラミング講座

2020年から全ての小学校でプログラミング教育が必修化されます。そして、2024年(現中1生)よりスタートする大学入試共通テストでプログラミングを含む「情報I」が科目となります。
かわしま進学塾では、こうした経緯も踏まえ、大学入試改革への対応も視野に設計されたプログラミング講座「QUREO(キュレオ)」を導入することにしました。
「QUREO」はAbema TVなど、多数のインターネットサービスを運営するサイバーエージェントグループの開発ノウハウが詰まった、オンラインでプログラミングを学ぶことができる学習ツールです。
カリキュラムは、2013年から述べ3万人が受講したプログラミングスクール「Tech Kids School」が監修。
プログラミング未経験の子どもでも楽しく、自立的に学習を進めることができ、本格的なプログラミングの基礎となる技術力を身につけることができます。
授業の終わりには、タイピングのレッスンも行います。

プログラミング講座「QUREO(キュレオ)」

*詳しくは上の画像をクリックしてください。

無料カウンセリングに申し込む

© 2021 かわしま進学塾 マレーシア クアラルンプール校