未分類

あたりまえの日々に感謝

投稿日:

今日は3月11日。
東日本大震災から4年が経ちました。
被災地の女川に行ったり、昨年は災害復興の委員会で福島そして原発にも視察に行かせていただきました。
その経験は生徒たちや青年会議所の仲間に伝えました。
女川に行ったとき現地の方に『何よりも現状を周りの人に伝えてほしい。』
そう言われたことを、実践してきました。
今だ家に帰れず、大事な人を失った痛みから解放できない人もたくさんいます。
先日、盲目の教師の講演会に参加しました。
内容は後日は書こうと思いますが、その中で印象的だった言葉に
『生まれつき盲目の子どもが400人に1人産まれます。
その子は残りの399人の苦しみを背負って生まれます。
だからそういう人を見たら少しでも優しくしてあげてください。』
僕は幸せものです。
だれかが僕の不幸を背負ってくれているのだと思います。
だから周りの人に少しでも優しくできるように生きていこうと思います。
昨日は公立高校の入試でした。
朝起きて雪景色にはびびりました。
なんとか会場でみんなの笑顔に会えました。

力は発揮できただろうか・・・。
合格発表が楽しみでもあり心配でもあります。
昨日は受験生が20人以上東進に来たそうです。
入試が終わったその日から新しい戦いが始まっています。
次の戦いはもっともっと高い壁が用意されています。
受験勉強で身に付けた鎧を脱がないように継続して頑張りましょう!
昨日はたぶん9回目の結婚記念日でした。
体調がすこぶる悪くお祝いもできませんでした。
来年は記念の10周年。
夢の海外逃亡目指してしっかり働きます。
家族にはいつも感謝しています。
あたりまえの日々に感謝・・・

-未分類

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.