プラベ

自利とは利他をいふ

更新日:

山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」塾長の野上です。

 

「野上先生?わたしのこと、わかる??」

 

長年、塾をしていると、コンビニで、飲食店で、道端で、ふとした日常に突然「名前あてクイズ」が出題される。

 

戦国時代の武将でも「やあやあ我こそは!」と戦場でも高らかに名乗りを上げる。

 

しかし、時代は令和。

 

コンビニでいきなり「やあやあ我こそは〇〇なり、腕に覚えの者よ、手合わせ願う。」なんてなるわけがない。

 

これはわたしの自慢。

「おー、〇〇かー。」顔は大人になっていても、昔の生徒の名前はすぐに出てくる。

 

先日、わが家の「魔の巣窟」ことクローゼットを整理していたときに出土されたもの。

 

これは30才の誕生日。

バラバラのパズルをもらいました。

組み立てているときは感動しっぱなしでした。

うまいことに「のがみそじ」と言うとります。

この頃は格好つけて、

「俺の幸せはお前たちが幸せになることだ」

なんて言ってたら2010年の名言に。

これをくれた生徒達ももうええ大人です。

 

こちらは35才。

「ツモ」とか「B型撲滅」とか、プライベートな場面や、歪んだ思想がだだ漏れになっています。

 

「ひざまづけ、オレの愚民ども。」

なんて、言ったことはありません。

 

はい。

 

あんまりコロナ、コロナと言いたくはないけど、激動のコロナ対応の最中で気がつくと40才に。

5年後、10年後の未来にどうあるべきか考えている最中、5年前、10年前の過去の生徒から

「のがみ~、頑張れ~」

と激励をもらった気持ちになりました。

 

「自利とは利他をいふ」

利他の実践がそのまま自分の幸せなのだ、という考え方です。

 

こんなときだからこそ、初心を忘れず、決して自分のためではなく、世のため、人のために尽力すべきときだと考えている次第であります。

おわり

-プラベ

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2021 All Rights Reserved.