経営者の視点

社員愛

投稿日:

僕は社員が入社するときに『君が入社することで僕は君を幸せにする義務を背負う。』と言っている。
僕のモチベーションを高めているのは生徒はもちろん絶対に社員全員を幸せにしたいという強い意思だ。
この気持ちがなくなったら僕の会社が存在する意味はないと思っている。
今日は前期のレポート提出日だ。
前向きな意見、後ろ向きの意見いっぱいの意見がメールで届く。
『僕の会社で成功する人は僕が信頼をおける人。
この人なら重要なポジション、仕事を任せても途中で投げ出さず、その人の持っている能力を発展させながら成功の方向に走り続けられる人。』
うちにいる社員はみんながその能力を持っていると思う。だって、やる気で何とかなる範囲です。
生徒を幸せにするには毎日、社員が生徒のためにモチベーションを高め、スキルを高める努力をし続けないといけないと思う。
失敗したときは、素直に反省し、信頼を取り返す努力をしないといけないと思う。
システム上のことはしっかりみんなで相談し、より良いものにしよう!
山口市で一番になる。生徒を幸せにする。自分が幸せになる。
この三つは余所見をせずに成し遂げようね。

-経営者の視点

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.