2016年4月14日21時26分、
熊本県を相次いで地震が襲いました。

気象庁震度階級では最も大きい震度7を
観測する地震が4月14日夜および、
4月16日未明に発生。

最大震度が6強の地震が2回、
6弱の地震が3回発生しました。

この地震の影響で、熊本を象徴する熊本城は
大きな被害を受けました。

その2年後、長らく復旧工事が行われてきた
熊本城において、ついに大天守のシンボル
とも言うべき「シャチホコ」が、復活を
遂げました。

その感動の瞬間をとらえた写真がネットで
話題になっているので紹介します。

 

ゴールへ向かうための大きな一歩。

苦境を乗り越え、あるべき場所に帰った
2体の堂々たるシャチホコの姿は、
現地の人々にさらなる勇気を
もたらすことでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします