みなさんこんにちは。
 
 

山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」、KAWASHINの川島おさむです。
 

 
 
 
本日は私たちスタッフの新しい試み、KAWASHINの次年度へ向けた肝煎り、「プラスワンプロジェクト」についてお伝えいたします。
 
 
 
さて、みなさんは何が得意ですが?
 
私は英語と社会と国語を人に教えるのが得意です。
 
それから、落ち込んいる人を慰めたり元気にすることもできます。
 
人前でしゃべるのが大好き。あまり緊張することがありません。
 
あとは、大学入試に対する進路指導、推薦入試に対する面接指導、人になつかない犬をなつかせたり屈服させたりとか…笑
 
 
逆に苦手なことは何ですか?
 
私は、理系科目全般が苦手です…。
 
 
生徒が数学の質問を持ってこようものなら、
 
「こらこら。僕の顔をよく見てごらん?おさむ先生よ?僕に数学聞いたら、成績下がっちゃうよ?」
 
とか言いながら数学の先生を連れてきます。
 
私が若いころはその反応を見て楽しむためにわざと数学や物理の質問を持ってくる生徒もいましたが、最近は進路指導&事務のおっちゃんとしか見られてない気もします。
 
 
 
さて、話を元に戻します。
 
このたびKAWASHINグループでは「プラスワンプロジェクト」として正職員のおっちゃんたちとおねえちゃん1名(ゆか先生)が得意こと(教えられる科目)を1つ増やそうという取り組みを始めました。
 
生徒に日々成長してもらい、夢を叶えるための手伝いをする我々おっちゃんとおねえちゃんがえらそうなこと言うだけ言って、自分たちが成長止まってたらアカンデショ。というわけですね。
 
とはいうものの、KAWASHINの講師全員、文系講師であれば英・国・社。
 
理系であれば数・理の授業は当然受け持っています。
 
そこからのプラスワンとなれば…。
 
 
そうです。
 
文系の講師が数学か理科のどちらかを。
 
理系の講師が国語か社会のどちらかを学んでもらうことになります。
 
なぜ英語を入れなかったかというと、まあこのご時世、いっぱしの社会人であれば英語力は必須の能力でしょ。ということで除外いたしました。
 
 
実は私、若かりし頃思ってたんです。
 
「文系講師は英・国・社の3科目教えてんのに、なんでお前ら理系講師は数・理2科目だけなんじゃ!!!」って。
 
さあ、理系講師の諸君。
 
全都道府県の位置と県庁所在地を覚えてもらおうか。
 
ん?きみら頭でっかちの堅物に、登場人物の機微な心情を読み取れるのかい?(偏見)
 
よっしゃ、ビシバシ鍛えてやるぜえぇぇえ!!ぐへへへへ!!!!
 
 
 
みたいな感じで、今週から始まった「プラスワンプロジェクト」。
 
理系スタッフに対する国語の講師はなんと私がつとめます。(国語は専門ではないのですが…。)
 
授業料はもちろん無料。
 
お得ですねぇ。(専門ではないけど…。)
 
 
冬には質問に対応するだけの知識をつけてもらい、次年度から授業を任せていこうと考えています。
 
ちなみに私のプラスワンはセミナー事業に関する新メニューの構築。燃えてきます。
 
スタッフ一人一人が子どもたちに負けることなく日々成長してまいります。
 
またどこかの機会でプラスワンの途中経過をご報告しますね!
 
 
 
最後にプラスワンプロジェクト研修の様子を少しだけごらんください。
 
約5年ぶりにチョークを握った、わたくしめの授業です。
 
40~33歳の理系スタッフ相手ですので脱力感が半端ないですがご容赦くださいね(笑)
 
KAWASHINの研修は和気藹々。子どもたちと同じように楽しく学んでいますよ^^
 
 
【プラスワンプロジェクト国語①】

 
 
 
かわしま進学塾のLINE@絶賛稼働中!!

KAWASHINの新着ニュースやお得な情報を配信予定です。

未登録の方は、ぜひかわしま進学塾のLINE@にご登録くださいm(*^▽^*)m

【かわしま進学塾LINE(山口市版)】
Add Friend

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします