未分類

TIME

投稿日:

研修旅行中に鑑賞した映画情報
「TIME タイム」
SFアクションサスペンス。科学技術の進歩によりすべての人間の成長が25歳で止まり、そこから先は左腕に埋め込まれた体内時計「ボディ・クロック」が示す余命時間だけ生きることができる近未来。貧困層には余命時間が23時間しかない一方で、富裕層は永遠にも近い時間を手にする格差社会が生まれていた。ある日、ひとりの男から100年の時間を譲り受けた貧困層の青年ウィルは、その時間を使って富裕層が暮らす地域に潜入。大富豪の娘シルビアと出会い、時間監視局員(タイムキーパー)の追跡を受けながらも、時間に支配された世界の謎に迫っていく。
映画の内容よりも時間に関する考え方に関し考えさせられた映画でした
僕の生きれる時間はどれだけあるのだろう?
それが左腕に常に啓示されていたら僕はどういう生き方をするだろう
時間はお金では買えないかけがえのないもの
なのに無駄に使っていることもある
この映画では
お金=時間
お金は大事にするでも時間は大事にしていない生徒が多い
がんばったからジュースおごってよー!ってお金を求めるが
もっと大事であるはずの時間は、だらだらと消費している
また、時間を持ちすぎている富裕層の考え方も奥深かった
25歳の体のまま、死なずに生きれるなんてなんて素敵なことだろうと思うが
この映画では死を迎える事の出来ない苦しみも描かれていた
やはり時間は有限のものであり終わりがあるからがんばれるものなのかもしれない
スラム街に住む人と富裕層に住む人の見分け方があった
それは富裕層の人は急ぐことがない、スラム街の人はいつも小走りで行動する
僕たちには永遠の時間はない
もうちっと意識して日ごろの行動を効率よく小走りでやってみよう
時間=命
そう考えれば、受験勉強中の行動も変わるかも?

-未分類

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.