たかおか塾

日本で一番暑い埼玉県!どうして関東地方なのに41.1℃まで気温が上昇するの?

投稿日:

こんにちは。

山口市の学習塾「小さな学び舎たかおか塾」の高岡です。

みなさんこんにちは。連日たまらない暑さの中、勉強・部活に頑張っている生徒を見て、いつも感心しています。

今日の山口市も最高気温が36度を超えてました!熱中症対策をしっかりと行いましょう♪

さて、日本で一番暑い場所はどこか皆さんご存知ですか?

そう!

埼玉県の熊谷市です!

なんと先日、日本最高気温41.1℃を記録しました!

沖縄や九州南部の方が熱くなってもよさそうなものですが、

いったいなぜ関東の埼玉県が日本で一番暑いのでしょうか?

 

それには、埼玉県の熊谷市を押襲う2つの脅威があったのです!

 

 

 

1.「ヒートアイランド現象」により南風が温められながら運ばれてくる

日中吹く「南よりの風」が、東京などの大都市を通ってくる間にどんどん温められて、

熊谷付近まで来た頃にはとても熱い風になっています。

これには、大都市で発生する人口的な熱などのために気温が高くなる

「ヒートアイランド現象」が影響を与えていると考えられます。

 


2.フェーン現象

上空の西風が秩父の山を越えた後に下りてきます。

空気は山を越えて吹き下りるとき、風下側で気温が上がり、空気は乾燥します。

これをフェーン現象といいます。

このとき、温度の上がった空気が熊谷付近に流れ込んで気温を上昇させます。


ヒートアイランド現象は、想像するだけで汗がダラダラ流れてきそうです!

こまめに水分補給&塩分補給を行いましょう!

 

 

熱い夏がやってきます!この勝負の夏、楽しく、目標に向けて一緒に頑張ってみませんか?

たかおか塾、夏季講習受付中です!!締切あとわずかです!

 

 

お問い合わせは083-902-8669(高岡)まで!

たかおか塾のLINE@始めました!!

KAWASHINの新着ニュースやお得な情報を配信予定です。

ぜひたかおか塾のLINE@にご登録ください✨

Add Friend

 

 

-たかおか塾

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2021 All Rights Reserved.