”甲本ヒロト”が”忌野清志郎”の告別式で贈った伝説の弔辞全文

更新日:

2009年、5月2日は忌野清志郎さんの命日です。

その1週間後の9日に行なわれた告別式で、
甲本ヒロトさんが読み上げた弔辞を紹介します。

ロック葬と名付けられたその葬式に
ふさわしい内容で鳥肌が立ちます。

甲本ヒロト「最高のロックンロールをありがとう」

キヨシロー。

えー、清志郎、あなたとの思い出に、ろくなものはございません。

突然呼び出して、知らない歌を歌わせたり、なんだか吹きにくいキーのハーモニカを吹かせてみたり。

レコーディングの作業中には、トンチンカンなアドバイスばっかり連発するもんで、レコーディングが滞り、そのたびにわれわれは、聞こえないふりをするのが必死でした。

でも、今思えば、ぜんぶ冗談だったんだよな。

今日も、「キヨシローどんな格好してた?」って知り合いに聞いたら、「ステージ衣装のままで寝転がってたよ」って言うもんだから、「そうか、じゃあ俺も革ジャン着ていくか」と思って着たら、なんか浮いてるし。

清志郎の真似をすれば浮くのは当然で、でもあなたは、ステージの上はすごく似合ってたよ。

ステージの上の人だったんだな。

一番最近会ったのは、去年の11月。

The Whoの来日公演で、武道館の。

そのとき、あなたは客席の人でした。

ステージの上の清志郎じゃなくて、客席の人でした。

たくさんの人が清志郎に憧れるように、あなたはロックンロールに憧れていました。

僕もそうです。

そんな、いち観客どうしの共感を感じ、とても身近に感じた直後、あなたはポケットから何かを出されて。

それは、業界のコネをフルに活かした戦利品、とでも言いましょうか、ピート・タウンゼントの使用するギターのピックでした。

ちっともあなたは、観客席のひとりじゃなかった。

僕があまりにもうらやましそうにしているので、2枚あった、そのうちのひとつを、僕にくれました。

(ポケットの中を探る)

こっちじゃねえや…

これだ。

ピート・タウンゼントが使ってたピックです。

これはもう返さなくていいね。

納めます。

ありがとう。

一生忘れないよ。

短いかもしれないけど、一生忘れない。

ほんで、ありがとうを言いに来たんです。

数々の冗談、ありがとう。

いまいち笑えなかったけど。

はは…。

今日もそうだよ、ひどいよ、この冗談は…。

うん。

なるべく笑うよ。

そんでね、ありがとうを言いに来ました。

清志郎、ありがとう。

それから後ろ向きになっちゃってるけど、清志郎を支えてくれたスタッフのみなさん、それから家族のみなさん、親族のみなさん、友人のみなさん、最高のロックンロールを支えてくれたみなさん、どうもありがとう。

どうもありがとう。

で、あとひとつ残るのは、今日もたくさん外で待っている、

あなたのファンです。

彼らにありがとうは、僕は言いません。

僕もそのひとりだからです。

それはあなたが言ってください。

どうもありがとう! ありがとう!

甲本ヒロトさんらしいロックな弔辞。
それだけにせつなくて感動しました。

清志郎さんは天国でも
ロックに生きてるんだろうなー。

-
-,

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2021 All Rights Reserved.