大手英会話教室や幼稚園で指導した講師がお子様をサポートします。 無料カウンセリングに申し込む あなたは英語の勉強をすることに、こんな悩みを抱えていませんか? 英会話の悩み ICUE(アイキュー)はこれらの悩みを解消するために開校した英会話教室です。
  • 経験と実績の豊富な外国人講師による指導
  • 小人数制で一人一人をサポート
  • 書くよりも聞く、聞くよりも話すを重視
わたしが責任を持ってお子さまの勉強をサポートします。
ICUE代表 川島梨絵

ICUE(アイキュー)代表の川島 梨絵(かわしま りえ)です。


わたしは、日本で15年以上

子どもたちの英語を指導してきました。


その中には、東大に合格した生徒もいれば、

本当に勉強が苦手で困っていた生徒もいます。


はじめに、英語は、子どもたちが主体的に長期的に

取り組まないと使えるようにはなりません。


レッスンを受けているだけで

英語が使えるようになる生徒はほとんどいません。


わたしと会っていない時間、

どれだけ主体的に勉強できるかが大切です。


それには、ご家庭でどれだけ英語に触れる時間を増やすかが大切です。

お子さまが主体的に英語を学ぶようになるためには、

お父さま、お母さまの意識を変えていく必要があります。


「なぜ、英語を学ぶ必要があるのか?」


わたしの答えは、お子さまの夢や目標を叶えるためです。


中3や高3が、なぜ勉強をするようになるのか?

それは、志望校というわかりやすい目標があるからです。


人は夢や目標があれば、勉強します。


お子さまに夢を聞いたときに、

返ってくる答えの多くは職業です。


サッカー選手になりたい!

お医者さんになりたい!

ケーキ屋さんになりたい!

など...


今までは、日本だけで完結していた仕事が、

海外の方と一緒に仕事をする機会は、

今後、必ず増えていくでしょう。


労働力不足を補うために、

外国人労働者が増え、一緒に仕事をするようになったり、


海外の新しい技術を学ぶために、

海外で修行をすることになったり、


もしかしたら、海外で仕事をすることだって

あり得る時代です。


それは、

子どもの英語に興味を持たれている

お父さま、お母さまなら、少なからず、

感じていることでしょう。


今の日本の英語教育は、

書く > 聞く > 話す

です。


海外の英会話のレッスンに参加したら、

日本人の文法力はずば抜けていることがわかります。


でも、話すことになると

まったく他の国の人たちに太刀打ちできません。


根本的に、教育が違います。

わたしは、そのことに危険を感じました。


海外で生活していると、

「英語を書く」機会はほとんどありません。


大切なことは、聞くことと話すことです。

英語を使うためには、

書く < 聞く < 話す

の意識を持つことが大切です。


「中学校になって英語の点数が取れないか不安です。」

と相談を受けることがあります。


海外に住んでいる日本人の子どもたちは、

学校の点数を取る英語と、使える英語が

別のものだと理解しています。


海外では「英語を使うためのレッスン」と

「学校で点数を取るためのレッスン」を

別々に受講しています。


ICUEは、「I can use English.」

の頭文字から名前を付けました。


ICUEは、

英語を使えるようになるための英会話教室です。


英語は語学です。

そのほかの教科と違います。

適切な講師にレッスンを受けて、

英語に触れる機会を家庭で増やす環境をつくれば、

必ず、英語を使えるようになれます。


将来、お子様が「使える英語」を学ぶために、

ICUEのレッスンを是非お試しください。

大手英会話教室や幼稚園で指導した講師がお子様をサポートします。 無料カウンセリングに申し込む

アクセス

●かわしま進学塾 大内校

住所:山口県山口市大内矢田南8丁目19-18(山口I.Cそば)

●かわしま進学塾 白石校

住所:山口県山口市中央2-1-4 山口シティビル

更新日:

Copyright© ICUE(アイキュー) 大人になっても使える山口市の英会話教室 , 2019 All Rights Reserved.