KAWASHIN アイデア 勉強法 岡村

読書感想文に「つまらん」と書いた結果、教頭先生に呼ばれ...

投稿日:

こんにちは!!

山口市・宇部市の学習塾『かわしま進学塾宮野校』のヒゲです。

 

ボクの小学生の頃の夏休みの思い出の中で

読書感想文を親に怒られながら半泣きで書いた

苦い思い出があります。

 

あの頃は

『読書の感想って言われても・・・

面白かったとか、楽しかったとか、悲しかった

みたいな一言しか感想がないぞ。

そもそも嫌々書いているこの状況では、

ネガティブな感想しかでてこないよなぁ』

って感じのことを考えてました。

 

そんなあの頃のボクに教えてあげたい

とても興味深い
つぶやきがありましたので紹介します!!

 

 

何と素敵な先生でしょうか

普通は読書感想文で『つまらない』なんて感想を書けば、
『書き直し!!』と一蹴されるところだと思いますが、

生徒の『つまらない』という感想を頭ごなしに否定せず、
逆にその感想にのっかる形で話を広げさせて
気づいたら『評論』というものが出来上がっている・・・

さらにこの出来事を通して、
その生徒が国語という科目を好きになっている。

 

あるべき教師の姿だと思います。

教えている科目こそ違えど

ボクも生徒たちにとって、少しでもこのような感じで授業ができればなぁと思います。

-KAWASHIN, アイデア, 勉強法, 岡村

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2021 All Rights Reserved.