KAWASHIN たかおか塾 勉強法 受験 学習塾

正月特訓5日目~日本史エクストリーム授業近代史編~

投稿日:

あけましておめでとうございます!!

山口市・宇部市の学習塾『かわしま進学塾 宮野校』のヒゲです!!

 

例年、社会の正月特訓のメインイベントは

近代史、特に日清戦争・日露戦争・第1次世界大戦・第2次世界大戦・冷戦の授業を行っております。

 

もちろん今年もこの内容をメインに行いました。

 

この内容を例年行う理由は、

山口県の公立入試に毎年出題される熱い内容だからです。

 

ただ、出来事であったり人物であったりが非常にたくさん出てくる範囲でもあるので(しかも似たような言葉が多い)、

よく出題される割に、とても勉強しづらい、なかなか受験生泣かせの分野でもあるとおもいます。

 

まあ、社会を暗記科目という風にとらえてしまうと、この分野は苦行以外の何物でもないと思うのですが、

ボクは中学生の歴史に関しては、そしてこと山口県の公立入試に焦点を当てるのであれば

重要なのは暗記ではなく、各時代の流れとストーリーが頭に入っていることが最重要であり、

 

①流れとストーリーが入っている

②暗記する

 

という順番が、最短時間で歴史が勉強できる方法だと思ってます。

 

受験まで2か月前のこの時期だからこそ、最重要な近代史の範囲のストーリーを

生徒たちの印象に残るように、かつ面白おかしく、ちょいちょい笑いが起こるように

どのように話をすればよいのかを練ることが

 

毎年の最重要課題であります。

 

そこで、ご覧になっていただきたいのがこちらのYouTube

中田敦彦のYouTube大学より『日本史エクストリーム授業 近代史編』です。

 

だいたい今日ボクが話した内容を、オリエンタルラジオの中田敦彦が非常にコンパクトに楽しく話をしています。

 

もちろん、このYouTubeの内容だけで山口県の公立入試を戦うことはできませんが、

 

ただ、この面白おかしく分かりやすいストーリーが頭に入った上で語句や人物などを暗記するのか

それとも、断片的なストーリーもしくはストーリーなしで暗記するのとでは

 

勉強の捗り具合に雲泥の差が生じるのは明らかであると思います。

 

 

実はここ最近のボクの歴史の授業は

かなり中田敦彦の『エクストリーム授業』から影響を受けているものになっていて、

 

今日の正月特訓の内容も骨組みにあるのはこの『エクストリーム授業』です。

 

ということで、今日の正月特訓の復習用にこの動画を是非ご覧になっていただければと思います。

 

 

-KAWASHIN, たかおか塾, 勉強法, 受験, 学習塾

Copyright© 山口市・宇部市の学習塾「かわしま進学塾」KAWASHIN , 2020 All Rights Reserved.