あなたは、この写真をご存じですか?

Chinese doctors bowing down to a 11 year old boy diagnosed with brain cancer who managed to save several lives by donating his organs to the hospital he was being treated in shortly before his death.

この写真は世界中で報じられ、話題に
なりました。

ご存じの方も多いと思います。

この写真は、手術室から運び出された
11才の少年「リャン」くんの遺体に
、医師たちが深々と頭を下げている
写真です。

リャンくんは、9才の時に悪性の
脳腫瘍と診断されガンと闘ってきました。

しかし、すでに助かる見込みがない
ほど悪化し最後のときを待つばかり
でした。

死期の近づく中、彼は最後の願いを
口にしました。

彼の最後の願いは・・・

・・・ 

・・ 


 

「自分の臓器を提供したい」

でした。

後日、彼の小学校の教師は取材に、
「教科書に掲載された物語を読んで、臓器提供のことを知ったんだろう」
と語っています。

リャンくんの将来の夢は、
医者になることだったそうです…。

臓器提供を待つドナーに対して、
臓器提供者の数が圧倒的に不足している
現実は世界的に変わらず、
みなさんもご存知でしょう。

臓器提供に関しては提供者本人だけでなく
、残された遺族の気持ちの問題も
大きく簡単ではありません。

リャンくんの尊い行いとともに、
彼の願いを叶えることを選択した
ご家族の決断にも頭が下がる想いです…

※コチラはそのときの映像です。

 
 

もし自分の子どもが同じ状況になったなら、
果たして子どもの意思を尊重できるでしょうか…

おそらく、とても受け入れることは
なかなか難しいと思います。

この記事を読んで、臓器提供について
改めて深く考えさせられました。

出典元:iinee-news.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします