アメリカ大統領選挙の世論調査にて起こった一大事件。そこから学べること。

こんにちは!

山口市の平川と吉敷に校舎があります、KAWASHINグループ「小さな学び舎たかおか塾」の佐藤です 😀

 

 

突然ですが皆さん、アメリカの「ギャラップ社」をご存知ですか???

ギャラップ本社_n

 

このギャラップ社、1932年に行われたアメリカ大統領選挙の選挙結果をわずか0.9%の誤差で予測したことで

一躍有名になった会社です。

それまでアメリカ国内で、選挙結果予測に関して確固たる信頼を勝ち得ていたのは、

毎回2,000万人弱の国民アンケート結果から予測していた「リテラリー・ダイジェスト社」という会社でした。

しかし「ギャラップ社」が1932年にアンケート調査を行ったとき、調査対象はなんとわずか3,000人のみ。

アメリカ大統領選挙の予測調査方法が見直された大事件となるのです。

 

 

さて、なぜ「ギャラップ社」は大成功を収めることができたのでしょうか???

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です