”ビル・ゲイツ”が、子どもが14歳になるまで絶対に禁止していたこととは・・・

あのビルゲイツが子どもに禁止していたのは・・・


出典元:i1.mirror.co.uk

総資産額は9兆7,000億円と推定されているにも関わらず「マクドナルドとバーガーキングが大好きだ」とざっくばらんに語り、親近感すら覚えてしまうビル・ゲイツさん。

彼が「Mirror」のインタビューで、子ども達のしつけについて語り、その内容が意外にも庶民的で話題になっているので紹介します。

彼には、長女のジェニファーさん(20歳)、長男のロリーくん(17歳)、次女のフィービーさん(14歳)の3人の子どもがいます。

最近は、小学生でもスマホを持っているケースが増えているというのに、ゲイツ家では

「携帯を持つのは14歳になってから」

と決められていたのだそうです。

子どもたちからのブーイングが、目に見えるようですね。

やっと14歳になって携帯を買ったあとも、寝る前の使用は制限させ、食事をするときは一切禁止。

自分自身も、食卓には持ち込まないと決めているらしいです。

つまり、ネットサーフィンやSNSの利用は、宿題で使ったり、友達付き合いに役立てたり、便利で素晴らしいとは思っているけれど「やりすぎてはいけない」という考えを持っているそうです。

彼自身は、弁護士の父と慈善家の母の間に生まれ、家にあった百科事典を最初から最後まで読破する、というような幼少期を過ごしていたそうで、その経験が、今回のようなファミリールールに影響しているのかもしれません。

「すべての子ども達は、大きな可能性を秘めている。重要なことは、質の高い時間を多く持つことだ」。

ゲイツさんの偉業によって、私たちとインターネットの距離は格段に近くなってきた一方で、彼自身が「悪でもある」と懸念していたことは、なかなか複雑な皮肉でもあるように感じます。

便利なものは使い方によっては何かを奪ってしまうこともあります。

教育の現場で働いているときに、

「よくスマホはいつぐらいから持たせればいいですか?」

と質問されることがありました。

我が家はGPSがついている電話だけで切るものを小学校1年生から持たせました。

スマホは、ネットサーフィンやSNSの利用で人間関係が崩れたり事件の元になることもあります。

正直、全く必要はないものです。

でも、中高生でスマホを持っていないと、みんなはすでに持っていると疎外感を感じる子どもも多くいます。

子どもに渡す前に、しっかりルールを決めて使わせることが大事ですね。

ネットのことを知り尽くしたゲイツさんがネットサーフィンやSNSの時間よりも、家族団らんの時間を優先しているというのが、その答えかもしれませんね。

※過去の関連記事もご覧ください。

【スマホばかり見ている我が子にうんざりしている方へ】1年間完全にインターネットから離れて気づいたこととは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です