生後わずか2週間で亡くなった双子の赤ちゃんが教えてくれたこと・・・

子供がお腹に宿った。

ずっと待ち望んでいました。

男の子かな?女の子かな?

夏に産まれる予定だから
「夏」を名前につけようかな。

そんな事を考えながら
毎日お腹の赤ちゃんに話しかけ
産まれてくるのを
楽しみにしていました。

妊娠5ヶ月。

しばらくぶりの検診にいくと
先生から

「大変です!もう一人います!」

と言われましたが
意味が分からず。

「双子ちゃんです!」

と言われやっと理解しました。

私はずっと双子が欲しいと
思っていたのでとても嬉しく
主人と一緒に喜びました。

しばらくして急にお腹が痛くなり
病院に駆け込みました。

すると

「破水しています!
 
 もう産まれます!」

と。

突然の事で驚いている暇もなく
そのまま緊急入院。

そして、出産。

産まれた赤ちゃんは
900gの小さな女の子がふたり。

『春菜』『夏凛』と命名。

NICU(新生児特定集中治療室)
に入っている我が子。

小さな手で私の指を
かすかに握っているぬくもりが
愛しくてたまりません。

小さく産まれたので
当然不安もありましたが

「この子たちは大丈夫。」

と自分に言い聞かせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です