ママが焦がしてしまった真っ黒いパン。それを夕食に出されたときの父の対応がずっと心に残る・・・

お母さんはきっと、
お父さんに一言文句をつけられるのだろう
と思っていたに違いありません。

しかし何も言わないお父さんに罪悪感を感じたのか

『ごめんなさいごめんなさい』

と謝り出したのです。

そこでお父さんは言いました。

『何を言っているんだ、ハニー。
ちょうど僕の好きな焼き加減だよ。』

とニッコリ微笑んだのです。

その後、お父さんはお休みのキスをしに
少年の部屋を訪れました。

その時少年はお父さんに疑問をぶつけたのです。

『パパは本当にあんなに焦げたトーストが好きなの?』

お父さんは少年をそっと抱きしめてこう言いました。

『いいかい?
ママは今日とっても疲れているんだ。
こんな失敗毎日あるわけじゃないだろ?
たまにはパンが焦げる事だってあるさ。
それにね、少しぐらい焦げたパンを食べたって
何も悪いことはないんだよ。
悪いのは、間違った時に間違った事を
言ってしまうことだ。』

お父さんは更に少年をぎゅっと抱きしめて言いました。

『これからの人生、
思い通りにいかないことが沢山出てくる。
人間は完璧な生き物じゃないんだ。
例えばパパはね、約束事を忘れてしまったり、
結婚記念日を忘れてしまうことだってあるんだ。
でも、時間が経つにつれて人は
周りの失敗や間違いを許せるようになってくるんだ。
その失敗さえも愛せるくらいにね!
これが2人の関係が長く幸せに続く秘訣なんだ。
人生は後悔に時間を費やすほど長くはないんだ。
ただ単純に、自分を大切にしてくれる人を
しっかり愛せばいいんだよ。』

そのときお父さんが何を伝えようとしていたか、
今ならよくわかると大人になった少年は言います。

子供の頃は理解できなかった親の言葉も、
大人になってからわかることってよくありますよね。

もしも、身近な人が間違いや失敗を冒してしまったら…

受け入れるだけでなく、
こんな風に包み込める心の広さを持ちたいものですね。

出典元:iinee-news.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です